You are here:-売れる売り方2つのポイント

『うちの商品は、どこよりもいい商品なのになんで売れないんだよ!』
というセリフをよく聞きます。
売れなければ、売れない原因を突き詰めていくしかありません。
『お客さんの見る目がないんだ!』
という人が稀にいますが、これは単なる愚痴になってしまいます(笑)
では、売れない原因には何があるでしょうか?
ここでよくある勘違いが、
売れない原因を商品やサービスのせいにしてしまうことです。
そうなると、売れるためには
『商品やサービスの品質をもっと上げればいいんだ!』
となってしまいます。
しかし、世の中を見渡せば、
今や品質がいいのは当たり前です。
価格がいくら安くても、品質が悪ければ売れないような時代です。
また、たとえ品質を上げたとしても、
結局は購入してもらわないと品質の良さは伝わりません。
つまり、品質を問う前に、
売れる売り方を考えないと先に進まないということなのです。
売れる売り方には2つのポイントがあります。
一つは、感情を入れるということです。
機械的に商品やサービスを伝えていても、
あなたの気持ちがお客さまに届かない限り、気持ちは動きません。
ネット上でも、人と人との繋がりを重んじる人は増えてきています。
SNSが世界中で広がりを見せていることからも分かります。
ネットの進化と同時に人も進化していることを忘れてはいけません。
ネットに商品やサービスを載せれば売れる、という思考ではなく、
あなたの想いをネットに載せるようにしましょう。
そしてもう一つは、イメージを与えるということです。
お客さまに、その商品やサービスを使ったらどうなるのかを
イメージさせるのです。
イメージさせるときに注意すべき点があります。
それは、お客さまは、まだその商品やサービスのことを全く知らない
ということを強く認識するということです。
あなたは既にその商品やサービスを熟知しているので
イメージはすぐに浮かびますが、お客さまはそうはいきません。
初めて知る人に、どうすれば伝わるかを考えるのです。
そのためには、「強烈に」イメージさせることです。
メールなら文章で表現することになりますが、サイトの場合は、
文字以外にも写真や動画など、視覚や聴覚を上手に用いるのです。
成功しているサイトやメールを見ると、
「感情」や「イメージ」を伝えることに成功していることが分かります。
このように、売上げを上げるためには
「感情」と「イメージ」を意識してみることをオススメします。

 

By | 2010-11-03T21:40:51+00:00 2010年 11月 3日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…
毎月新しい行動をしよう!変化しまくった塾生さん

人気の記事