You are here:-嫌な目に遭って成功の鉄則を再認識

前に少しメルマガに書いたのですが、私に対する嫉妬なのか嫌がらせなのか
分かりませんが、あまりよろしくないメールを送ってくる人がいました。
私は丁寧に返信していたのですが、相手の感情はなぜか収まりません。
私のお客さんでもないですし、なぜ私に対してそのようなメールを
送りつけてくるのか全く分かりませんでした。
それ以上のやり取りは仕事にも支障が出ると判断し、
受信拒否にしました。
そして、今回のことを客観的に考えてみました。
相手をAさん、私をBさんとします。
・AさんはBさんが嫌がることを平気で言ってきます。
・AさんはBさんから被害を受けたわけではありません。
・Bさんは、Aさんがどこの誰なのか知りません。
そして、自問自答してみました。
・Aさんには、幸せな人生が待っているのかな?
・Aさんは、成功者の素質を持っているのかな?
答えは、両方とも「NO」でした。
私はよく第三者の立場で見たり考えたりします。
ちなみに、これは商売をやる上でも大切なことです。
客の立場として考えることができると、
商売もうまくいくからです。
今回のケースでは、「幸せ」や「成功」という視点で
考えてみました。
私は成功したいし、幸せになりたいです。
そこで、今回のケースでは、
『こんなことをしていては幸せになれないだろう。』
『成功者ならこんなことはしないだろう。』
と考えた次第です。
Aさんはかわいそうだと思いました。
Bさん(私ですが 笑)にそのようなことをしても
何もいいことはありません。
早くそのようなことをやめた方が幸せになれるのです。
『人が嫌がることをしない。
人に喜ばれることを率先してやる。』
これこそが成功するための鉄則だと再認識しました。

 

By | 2010-08-12T21:35:04+00:00 2010年 8月 12日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?

人気の記事