You are here:-遊びでもプロ意識を持つ

私は、やるからにはトコトンやることをモットーにしています。
「やるからにはトコトンやる」と書きましたが、
私の中では、これは「プロとしてやる」という言葉と同義語です。
プロとは、ご存知のとおりプロフェッショナルを略した言葉です。
一般的には、プロとは、
専門的なことやスポーツを職業にしている人のことを言います。
趣味的なことですが、私は、昨年からサッカーを、
そして、3週間ほど前からギターを始めました。
どちらも15年ほどブランクがありますが(笑)
プロ意識で取り組んでいます。
仕事ではプロというのは分かりやすいかもしれませんが、
趣味でプロ意識と言ってもピンとこないかもしれません。
私は、プロとは、
『妥協せずにライバルより多く取り組むこと』
だと思っています。
仕事でも趣味でも、
良き競争相手や目標にする人というのはいると思います。
その人に追いつき、そして上を目指すことに
妥協せずに取り組むことが大切だと思っています。
たとえ、それが趣味であっても、結果が出たり
充実感をすぐに得られたりするようになるので、やりがいが増します。
と言うと、
『趣味どころか、仕事でも関さんのように取り組んでませんでした…』
という人がいるかもしれません。
もし、あなたが今そう感じるのであれば、
自分のことを今日からプロとして意識することをオススメします。
プロとは、やはり抜きん出た存在に違いはありません。
プロは一般の人よりも知識や経験を持つからです。
しかし、プロの人が最初から知識や経験を持っているはずがありません。
最初はプロではなかったのです。
プロになるべく努力したからプロになったのであり、
その努力の過程ですでにプロであったのです。
そこには、妥協がないのです。
私は、成功を目指すにあたって、
プロとアマの違いについて学んできました。
私の中では、プロとは成功者であり、
アマはそうではないと位置付けています。
プロ意識を常に持っていれば、
何でも思いっきり楽しめますし、結果も出ます。
充実感もかなり違います。
それが人生の充実感にも繋がりますので、
仕事でも遊びでもプロ意識で取り組むことをオススメします。

 

By | 2010-08-05T21:36:04+00:00 2010年 8月 5日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事