You are here:-Androidが2位

米国内でのスマートフォンのシェアのデータを
Nielsenが公表しました。
そのデータは、過去6ヵ月間にわたる新規のスマートフォン購入者を
対象としていました。
シェア1位は、RIM Blackberryで33%、
2位がAndroidで27%、
3位がiPhoneで23%、
という順位です。
ついに、AndroidがiPhoneを抜き、2位に躍り出ました。
Androidの勢いは凄まじいものがあります。
iPhone OSは、アップルからしか出ていませんが、
Androidは、20機種強揃っています。
ちなみ、このデータにはiPhone4の販売台数が
1週間分しか入っていませんでしたが、
iPhoneやRIM Blackberryがほぼ横ばいで推移していたのに対し、
ぐんぐんシェアを拡大するAndroidはシェア1位も目前です。
日本でもAndroidは伸びてくるでしょうが、
使い勝手も含め、まだ欲しい機種がないのが現状でしょうか。

 

By | 2010-08-03T21:38:04+00:00 2010年 8月 3日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?

人気の記事