You are here:-効率的に儲けるには■もしもドロップシッピングAPI申請について

効率的に儲けるには■もしもAPI申請について

ビジネスは、効率的に、そして儲かるようにやるべきです!
 
唐突ですが(笑)、全然儲けてなかった私の過去の時代を振り返った時、
いつも思い浮かぶことです。
 
 
「効率よく儲ける」、理想の形だと思いますが、
どうやればいいか悩んでいる人は多いと思います。
 
私自身もそうでした。
 
 
しかし、やろうとしていることに向かい合い、
「もっと効率的にやるには?」や「もっと儲かるには?」
と常に自分に問うことで、いくつものアイデアが浮かぶようになりました。
 
知識や経験の積み重ねもあると思いますが、効率よく儲けるには、
今の時代を直視し、これからどうなっていくかを
考える時間を取ることもいいと思います。
 
 
今回は、そのあたりの話をしたいと思います。
 
 
私は、ITやインターネットに特化したビジネスを行っていますので、
この業界のことになりますが、やはり今強く感じるのは、
情報がますますリアルタイムに収集できるようになってきたことです。
 
そして、その情報やイベントなどに、
リアルタイムに参加できるようになったこともあります。
 
 
iPhoneを始めとするスマートフォンの普及に合わせたように、
twitterの人気に拍車がかかりました。
 
twitterをやる人口が増えれば増えるほど、
必然的に情報伝達の量やスピードが加速します。
 
ということは、これからもっと勢いがつく可能性があります。
 
 
また、その反面、情報がすぐに鮮度を失う可能性もあります。
 
人々が新しいものばかりを追うようになると、
多くのものがすぐに風化してしまうのです。
 
ロングヒットする商品がもっと少なくなり、
商品のサイクルがもっと速くなることが考えられます。
 
これを大変困難な時代と思うのか、
逆にチャンスと思うのかは人それぞれです。
 
私は、機転がきく個人や小さい会社が有利になっていく
と感じています。
 
 
それから、twitterやリアルタイム性の人気を追うように、
BingやGoogleなどの検索エンジンが
リアルタイム検索の機能を付けました。
 
また、iPhoneで、簡単に個人がライブ中継できるというのも凄い話です。
 
ライブ動画配信サービスのUstreamをみながら
ツイートできるのですから、個人のメディア化は止まりません。
 
 
今、どこで何が起こっているのかを、
すぐに知ることができ、発信ができ、
調べることができ、そして、その話題に参加することも
簡単にできるようになってきたのです。
 
 
先日のことですが、グループで情報を共有することができる無料の
「サイボウズlive」がモバイルにも対応になった、
というニュースをツイッターで知りました。
 
興味があったので「サイボウズlive」のサイトを見てみると、
確かに無料でしたが、「招待制」というガッカリなお知らせがありました。
 
 
しかし、「どうにかして誰かに招待してもらいたい」と思い、
twitterで調べると、偶然にも私のフォロワーが
「サイボウズliveに招待しますよ」とツイートしていました。
 
早速、DMでお願いしたところ、すぐに招待メールが届きました。
 
短時間でこんなことができたのは、ツイッターのおかげです。
 
 
丁度「サイボウズlive」が出てきましたが、
これからは、クラウドコンピューティングを活用することが
ビジネスを効率化、そして発展させるために重要になります。
 
昔は、オフィスがあって当たり前で、
オフィスで仕事をするのが当たり前でした。
 
しかし、これからは、クラウドを活用すれば、
どこにいても仕事ができる環境を持つことができます。
 
オフィスという概念も分からなくなりますね。。。
 
 
そして、効率化はもちろん、コストの面でも削減できます。
これは規模が大きい企業ほど、それを実感すると思います。
 
 
私は起業してからずっと自宅の部屋を使って仕事をしてきました。
 
最近は、事務所的な少し広めのフロアーで
仕事ができるようになりましたが
基本的に自宅内で、テーブルとPCがあれば事足ります。
 
 
ただ、別の部屋に移動するときや、外出するときなどがありますが、
そんなとき、スマートフォン(私はiPod touchですが)や
別のPCで同じような環境で仕事ができるとかなり便利なんです。
 
最近スタッフを入れたこともあり、今少しずつ環境を整えています。
 
時代の流れに乗ると、効率的に儲けるということが、
ますます身近になってきてると感じるはずです。
 
 
「話についていけない!」という場合も、
どれか興味のあることを一つやるだけでもかなり効率的になり、
 
それが儲けにつながる可能性がありますよ(^^)
 
 
■もしもAPI申請について
 
登録無料、月額無料で人気の「もしもドロップシッピング」で、
もしもアプリが公開されています。
 
もしもアプリとは、ブログやホームページにソースを張ると、
自動的に商品を表示させてくれたりするパーツなどです。
 
現在「もしパーツ」や「もしランク」などが公開されています。

また、もしもAPIを利用して自分でアプリを自作することもできます。
 
今後、魅力的なもしもアプリが続々と公開されるでしょう。
 
もしもアプリを使用したい人も、自作したい人も、
もしもドロップシッピングに申請して認証コードをもらう必要があります。
 
ただし、明日2010年2月21日(日)の22時までで
一次募集を休止するそうです。
 
無料なので、申請だけでもしておくといいです。
 
会員になってない方は、まずは↓から無料会員登録!

 
会員登録をしている人は、
 
↓のページ下部の「もしもAPI 利用申請フォーム」から申請!
もしもAPIβ版(もしもDSのログインが必要です)

 

By | 2017-10-23T01:05:41+00:00 2010年 2月 20日|Categories: アフィリエイト, 物販・転売|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…
毎月新しい行動をしよう!変化しまくった塾生さん

人気の記事