| 

URLが同じ場合のWordPressブログのサーバーとデータベース引越しの方法

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

WordPressブログでの、
URLが同じ場合の
サーバー引越しの方法です。
 
 
WordPressは、ツールに
エクスポートやインポートがあり
移転の時に便利です。

しかし、パーマリンクやタグ、
その他設定をそのまま移行することはできません。

そこで、やはりデータベースごと
引越しする方法がベスト
です。
 
 
私がやった方法で
その方法を順番に書きますが、
この順番通りやらなくても成功します。

簡単ですが、メモとして残します。

WordPressのサーバーとデータベース引越しの手順

1.移転元のデータベースのエクスポート

左側のデータベース名をクリックして、
「エクスポート」をクリック。

「ファイルで保存する」にチェックを入れて、
【実行する】をクリックすれば
データベースファイルがダウンロードできます。


 
 
全選択をクリックして、
赤枠の部分をチェック。


 
 
「ファイルで保存する」にチェックを入れて、
【実行する】をクリックすれば
データベースファイルがダウンロードできます。


 
 
2.FFFTPで、移転元の
wp-config.phpファイルと、
wp-contentディレクトリ丸ごと
PCにバックアップ(ダウンロード)します。

 
 
3.移転先で、新しいデータベースを作成します。

新しいデータベースの
名前とユーザー名、
パスワードをメモしておきましょう。
 
 
4.移転先のデータベースに、
移転元のデータベースをインポート

「インポート」をクリックします。


 
 
【ファイルを選択】をクリックして
データベースファイルを選択します。

文字セットは、「utf8」のままで。
 
【実行する】をクリックします。


 
 
「インポートは正常終了しました」と
表示されれば完了です。


 
 
5.バックアップしてある移転元の
wp-config.phpファイルをエディタで開き、
データベース名とユーザー名、パスワードを
修正します。

 
 
6.移転先に、WordPress本体をアップロードします。

※移転先のWordPressのバージョンは、
移転元のバージョンとあわせて
作業を行った方がいいと思います。
 
 
7.移転先に、修正済みの
wp-config.phpファイルと、
バックアップしたwp-contentディレクトリ
丸ごとアップロードします。

 
 
8.WordPressにインストールすると、
出来上がりです。

 
 
初めてデータベースのエクスポートやインポートは
難しく感じるかもしれませんが、
やってみると意外に簡単です。

↓関からのお知らせ〜

★収入・仕事保証!
Webライター起業塾「12月説明選考会」参加者募集!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読み継がれている
読者6万人『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

By |2018-02-21T02:40:45+00:002010年 1月 23日|Categories: wordpress|Tags: , , , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

初公開「Webライター起業家のサクセスロードマップ」をプレゼント!

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/12/03 – 2018/12/09】

【先行案内】収入・仕事保証!副業、複業、起業に興味がある方へ

フリーランスのイベントに参加してきました!@渋谷

関が大注目している業界と業種はこれ!サンクチュアリ出版イベント登壇しました!

そもそも仕事とは何?これから増えゆくワークスタイルとは?