| 

URLが同じ場合のWordPressブログのサーバーとデータベース引越しの方法

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

WordPressブログでの、
URLが同じ場合の
サーバー引越しの方法です。
 
 
WordPressは、ツールに
エクスポートやインポートがあり
移転の時に便利です。

しかし、パーマリンクやタグ、
その他設定をそのまま移行することはできません。

そこで、やはりデータベースごと
引越しする方法がベスト
です。
 
 
私がやった方法で
その方法を順番に書きますが、
この順番通りやらなくても成功します。

簡単ですが、メモとして残します。

WordPressのサーバーとデータベース引越しの手順

1.移転元のデータベースのエクスポート

左側のデータベース名をクリックして、
「エクスポート」をクリック。

「ファイルで保存する」にチェックを入れて、
【実行する】をクリックすれば
データベースファイルがダウンロードできます。


 
 
全選択をクリックして、
赤枠の部分をチェック。


 
 
「ファイルで保存する」にチェックを入れて、
【実行する】をクリックすれば
データベースファイルがダウンロードできます。


 
 
2.FFFTPで、移転元の
wp-config.phpファイルと、
wp-contentディレクトリ丸ごと
PCにバックアップ(ダウンロード)します。

 
 
3.移転先で、新しいデータベースを作成します。

新しいデータベースの
名前とユーザー名、
パスワードをメモしておきましょう。
 
 
4.移転先のデータベースに、
移転元のデータベースをインポート

「インポート」をクリックします。


 
 
【ファイルを選択】をクリックして
データベースファイルを選択します。

文字セットは、「utf8」のままで。
 
【実行する】をクリックします。


 
 
「インポートは正常終了しました」と
表示されれば完了です。


 
 
5.バックアップしてある移転元の
wp-config.phpファイルをエディタで開き、
データベース名とユーザー名、パスワードを
修正します。

 
 
6.移転先に、WordPress本体をアップロードします。

※移転先のWordPressのバージョンは、
移転元のバージョンとあわせて
作業を行った方がいいと思います。
 
 
7.移転先に、修正済みの
wp-config.phpファイルと、
バックアップしたwp-contentディレクトリ
丸ごとアップロードします。

 
 
8.WordPressにインストールすると、
出来上がりです。

 
 
初めてデータベースのエクスポートやインポートは
難しく感じるかもしれませんが、
やってみると意外に簡単です。

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2018-02-21T02:40:45+00:00 2010年 1月 23日|Categories: wordpress|Tags: , , , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

【宮崎の個別相談会】6月25〜27日限定特別価格で開催します!

次女とドローンでアクロバット飛行して遊んできました!@DJI Tello トイドローン(動画あり)

宮崎シェアスペース、オープン準備中!

20代や学生限定「LCL特別割引コース設置」!6月20日19時より募集開始しました!

まだ電気も椅子も何もない。宮崎LCLミーティングやりました!

宮崎シェアスペース、始動準備開始です!トリプルライフだ〜!(動画あり)


人気の記事ランキング