You are here:-昨年の大晦日に教わったこと

昨年の大晦日に教わったこと

毎日の日課として続けているジョギングですが、
人生について学ばされていると思えることも少なくありません。
 
毎日走るぞ!と決めていても、走りたくない日もあります。
 
特に今は寒いので(笑)
 
 
でも、いつものコースに行ってストレッチを始めると
自然とスイッチが入るのです。
 
また、走っている途中に走るのをやめたくなることもあります。
 
 
でも、走っている意味を自分に言い聞かせ、
完走すると目標達成した爽快感を得ることができます。
 
 
自分の前を走っている人を追い抜こうとして、
無理にペースを上げ、後半ひどく疲れて反省することもあります。
 
気分が良くて、アッという間に走り終わった感じの時もあります。
 
 
逆に、最初は、走る気になってなくても、
走っていると気持ちが高ぶり、
ペースを上げて走れることもあります。
 
 
このようなことを、人生と照らし合わせると、
たった5キロのジョギングでも
人生の縮図のように感じるのです。
 
 
そして、昨年最後の大晦日のジョギングですが、
一年で一番風が冷たく強風でした。
 
折り返し地点に行くまでずっと向かい風で、
前に進むのがやっとでした。
 
まるで人生の壁にぶち当たったようでした。
 
 
何とか頑張って、いつもの折り返し地点まで走りました。
 
折り返すと、次は強烈な追い風です。
 
強烈に体が後ろから押されて、
勝手にグングン前に進みました。
 
 
最初は楽だな~と思っていたら、
あまりにも押されスピードに乗るので
ちょっと危険なことに気付きました。
 
まるで転げ落ちる人生の下り坂のようです。
 
下半身に力を入れて自分のペースを保つことが必要でした。
 
 
壁を乗り越えた時に、
一気に加速できることがあります。
 
また、壁を乗り越えた安心感で、
油断することもあります。
 
 
そういう時こそ、自分を見失わずに、
自分の目標や信念を軸として前に進むことが大切だと
大晦日に教えられたようでした。
 
 
新しい年を迎えることは気分がいいことですね。
 
私は、今年もチャレンジしていきたいと思います。
あなたもぜひ目標達成に向かって頑張って頂きたいと思います。
 
それでは、今年もどうぞよろしくお願いします(^^)
 
 
※今年の元旦からツイッターを始めました。
 
まだまだ活用できていませんが、
よろしければフォローしてください(^^)

またツイッターを始めてない人は、この機会にぜひ!

●関達也のtwitter(ツイッター) @SekiTatsuya

 

By | 2017-10-23T05:11:34+00:00 2010年 1月 7日|Categories: 健康&趣味, twitter, 成功体質になる方法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事