You are here:-稼ぎのセンス

私は稼ぎのセンスなんか全くありませんでした。
 
 
 もし、私が稼ぎのセンスがあれば、
 
 20代ですでに成功していたでしょうし、
 
 失敗を繰り返して、数年前に破産寸前になることなかったでしょう。
 
 
 私は15年前の24歳から、
 
 目標を立てて人生の成功を目指してきました。
 
 
 そして、手応えを感じてきたのは、わずか3年前のことです。
 
 
 さすがに、24歳の頃よりは
 
 稼ぎのセンスは向上したと思います(笑)
 
 
 人によって、ノウハウが身についたり、
 
 成果が出るまでにかかったりする時間はさまざまです。
 
 
 それこそ、生まれ持った稼ぎのセンスなんかあれば、
 
 何も教わらなくてもガンガン稼ぐことができるでしょう。
 
 
 私は、凡人です。
 
 凡人以下かもしれませんが(笑)
 
 
 でも、このことをしっかりと自分で把握することで
 
 何かが変わってきました。
 
 
 すべてのことから謙虚に学ぶ姿勢を持ち、
 
 地道に集中して頑張れば、結果が付いてくることが分かりました。
 
 
 それに気づくのに、私は10年以上かかったのです。
 
 
 何をもって成功というのかは人それぞれですが、
 
 現在の私は、次のようなことをいつも考えています。
 
 
 「今、この瞬間に人生の充実感があるか?」
 
 「今、この瞬間が楽しく、そして幸せか?」
 
 「今、この瞬間に人を幸せにしてあげられるか?」
 
 
 
 昔は結構、未来の自分のことをよく考えていました。
 
 
 現在も、未来のことを考えていないことはありませんが、
 
 今は特に、この一瞬一瞬に、力を注いで生きている感じがします。
 
 
 人生は、日々、勉強だと思います。
 
 
 もし、稼ぎのセンスが付いたとしても、
 
 磨き続けなければ錆びてしまいますからね(^^)

 

By | 2009-07-29T21:02:13+00:00 2009年 7月 29日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?

人気の記事