You are here:-それがやりたいのか?

巷にはいろんなビジネスの話があります。
私自身、24歳から成功を志し、いろんなビジネスをやってきました。
そして、いろんなビジネスの誘いも受けました。
儲かりそうだ、と安易な気持ちで始めたビジネスもありました。
借金をして無理した始めたビジネスもありましたが、結局詐欺に遭ってパーになりました。
振り返ると数々の失敗があります(笑)
自分がバカだったと言えばそれまでです。
でも、若いうちに多くの損をして良かったと思っています。
今では、本当に冷静に客観的に判断ができます。
元々できる人は羨ましいですが(笑)
だから騙されないし、また、本質を見極めようとする頭が働きます。
ビジネスは利益を出すものです。
どこからどうやって利益がでるシステムなのか?
将来性があるのか?
そのシステムは現実性があるものなのか?
ビジネスの本質もそうですが、裏も読まなければいけません。
お金だけを吸い取ろうとしているビジネスも多々存在します。
で、本当に良さそうなビジネスの場合、ただ稼げるということだけではなく、
本当に自分がそれをやりたいのか?
と自分に問いかけることも大切です。
結局、あまり好まないものであれば、それは長続きましません。
ビジネスとは、ただ儲かるということだけで安易に飛びつくものではないと思っています。
少なからず、私はそういう考えです。
私に相談してくる人もいますが、ただお金儲けだけに気持ちが向いている人も少なくないようです。
目を養うことも大切ですが、自分の心も鍛える必要もあるかもしれません。

 

By | 2009-07-10T23:36:51+00:00 2009年 7月 10日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事