You are here:-ターゲットは女性です

 私が、ある商品をネットで販売しようとしている人に、
 
 「ターゲットは誰ですか?」
 
 と聞いたところ、
 
 
 「ターゲットは女性です」
 
 と返ってきました。
 
 
 
 商品が売れないと言っている多くの人は、
 
 「ターゲット」を漠然としか考えていません。
 
 
 いや、漠然どころか、ターゲットを設定することすら
 
 やっていない人も多いようです。
 
 
 ターゲット設定もコンセプトに含まれますが、
 
 「誰に買ってもらいたいのか?」
 
 が明確でないとモノは売れません。
 
 
 
 稼ぐためには、ターゲットを具体的にすることが大切です。
 
 
 ターゲットを具体的に設定することによって、
 
 ターゲットの心を揺さぶるキーワードや文章、画像などが
 
 思い浮かびます。
 
 
 それが大切なのですが、販売者の立場ではなく、
 
 お客さまの立場にならないと、自分の力では心揺さぶるものは
 
 思い浮かびません。
 
 
 
 今回の『ターゲットは女性』
 
 についてですが、「女性」といってもさまざまです。
 
 
 大きく言ってしまえば、日本の人口の半分以上は女性なのです。
 
 
 なので、すべての女性の立場になって
 
 心揺さぶるものを思い浮かべるということは無理です。
 
 
 「その商品を買う人はどのような人なのか?」
 
 「どのような人がその商品を欲しがるのか?」
 
 
 具体的になればなるほど、ターゲットが見えてきて、
 
 心を揺さぶるキーワードなどを見つけることができます(^^)

 

By | 2009-07-04T21:37:07+00:00 2009年 7月 4日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓

人気の記事