You are here:-リバプールとアーセナルの激闘

ちょっと前になりますが、リバプールVSアーセナルは、見ごたえのある凄い試合でした。
好きなプレミアの試合でも、マンU戦以外は早送りで見ることが多いです。
ただ、優勝争いの一角のリバプールの相手がアーセナルとなれば、間違いなくいい試合になると思って早送りせずに(笑)見ました。
リバプールは、ジェラードをはじめ、フェルナンドトーレス、リエラ、マスケラーノなど本当にいい選手がいますよね。
アーセナルも、ファンペルシーやセスク、ナスリ、アルシャビン、ウォルコットなど、注目する選手がいます。
特に、リバプールは最近の試合結果を見ても十分、優勝できそうな感じです。
失点がほとんどなかったですから。
ただ、アーセナル戦は、ホームであったのにもかかわらず、凄い点の取り合いになりました。
ジェラードやファンぺルシー、アデバヨールは負傷で出場しませんでした。
結果は、4対4のドローでした。
ロスタイムにリバプールが追いついたのですが、圧巻だったのは、トーレスやベナユン以上に、アルシャビンでした。
アーセナルは、MFのセスクが負傷し、思うようにチームの結果が出てなかったこともあり、ゼニト・サンクトペテルブルクのロシア代表のアルシャビンを獲得しました。
EURO2008の活躍でアルシャビンは世界に名前が轟きました。
その時の活躍は、本当にすごかったのですね。
そのアルシャビンが、リバプール戦で4得点すべてを決めました。
アウェイということも凄いですし、しかも、あのスピードは驚異です。
特に4点目は、よくあれだけのスタミナが残っているな~と驚きました。
ホームのリバプールが勝ち点3を必死になって取ろうとしているのは分かりますが、アウェイのアーセナルも勝ちに行ってたんですよね。
マンUのことを考えれば、アーセナルに勝ってもらいたかったのですが(笑)
でも、勝ち点差がない方が、緊張感を持って優勝争いが楽しめるということもありますね。

 

By | 2009-04-27T00:22:52+00:00 2009年 4月 27日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事