先日購入したimac。
macの楽しさ
macのOSは初めてです。
そして、あえてmacになじもうと使いにくい(?)macのマウスを使っています。
ウィンドウズにしか知らない人にとっては、当然、macは使いずらいですね。
ただ、それは使い慣れてないからなんですよね。
いじっていると、まったく別のパソコンをいじっているという感覚で、おもちゃのようで面白い。
おもちゃのような感覚で使おうと購入を決意したのですが、やはり期待にこたえてくれたという感じです。
昔、初めてパソコン(当時はマイコン)に触れたとき、『凄いな~コンピュータって!』と感じたあの頃にタイムスリップをしたような、そんな感触や感覚が蘇ってきました。
遠い国で話題になっているマッキントッシュを手に入れたという感じなんでしょうか・・・
実は、少年時代、ゲームのクリエーターになりたいな~って思っていたことがあります。
しかし、それよりもやりたいことが見つかったので、パソコンからは随分遠ざかりました。
次にパソコンを手にした時は、ビジネスのためでした。
最初は、経理をパソコンでしようと思って買ったのがきっかけでした。
パソコンを持つ意味が、時代の流れとともに変わりました。
でも、パソコン好きの私としては、これはこれで幸せなことでした。
今では、大好きなパソコンを何台も所有して、それが仕事になっています。
macでは、本来、パソコンが持っている楽しさを思う存分味わえたらいいな~って感じています。
ようやくmacの使い方もちょっぴり分かってきました。
これから少しずつ慣れ親しんでいこうと思っています。


関連記事


  


コメントを書く

By | 2009-04-15T11:56:49+00:00 2009年 4月 15日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…

人気の記事ランキング