You are here:-豊かになりたい想い

多くの人は、豊かになりたいことを望んでいると思います。
人それぞれ豊かになる想いの内容は違うものですね。
今の状況や住んでいる国、地域などによってもさまざまです。
NHKの「沸騰都市」という番組を見たことがあるでしょうか。
金融危機に陥る前のドバイの映像は、私には、人の欲が渦巻く都市のように映りました。
砂漠だった場所が、超高層ビルや世界一のビル、そして埋め立てられた楽園などでひしめき合っているのです。
それらの不動産は、日々値上がりが続いてました。
何千万、何億、何十億という利益が動いてました。
アラブ首長国連邦(UAE)の人々が過去、どんな生活をしていたかはわかりません。
でも、豊かさを求めた結果、改革を推し進め、世界一を目指すドバイという都市を作りだしたのでしょう。
当時は、外国からの出稼ぎ労働者を集めることも大変だったぐらい、凄まじい発展でした。
貧しい国では、多くの人が日銭を稼ぐことで必死です。
経済は、死活問題です。
バングラデシュの首都、ダッカも経済発展を遂げていますが、インフラ整備もまだまだのようです。
NGOのBrac銀行(ブラック銀行)から無担保でお金を貸り、豊かさを求めて頑張る人々が特集されていました。
ブラック銀行は、無担保で融資を受けられますが、連帯保証人を5人集めないといけないらしいです。
でも、働く意欲や豊かになろうとする意欲が強いのか、返済している人は99.5%(だったかな?)だそうです。
借りている人のほとんどは、女性だそうです。
ブラック銀行は、経済発展に一躍かっているようですね。
貧困層も10%も減ったそうです。
ただ援助するだけは簡単ですが、融資をして、自分自身の力で道を切り開いていくチャンスを与えている形となっているようです。
本気で豊かになりたいと思えば、その強い気持ちが大切ですし、頭を使って工夫しなければいけません。
あまりに平和ボケしてしまうと、その気持ちもなえてしまうし、頭を使うこともないでしょう。
どん底まで落ちた人は、豊かさに気付きます。
でも、どん底に落ちるまで、豊かさに気付かない人は多いです。
今、当り前と思っていることが、世界では当たり前ではないことを知ることもいい経験ですね。
ドバイの不動産バブルを見ていると、日本のバブルを思い出しました。
バブルは、いつかは弾けます。
だからバブルなのでしょうが・・・
賢い人は、弾ける前に退散するのでしょうが、不動産バブルで稼いだ賢い人が、豊かになっているのかはまた別の話です。
本当に賢い人は、そのようなバブルに関わらない人なのかもしれません。
一気に、何億、何十億が飛んでしまうかもしれない恐怖。
想像できません・・・
もし、うまく弾ける前に退散できても、その後、またバブルのようなことがないと、その時のようには稼げません。
人間は、一度その生活を味わうと、前の生活に戻るのは大変です。
成功者が堕ちてしまうのは、そのせいでしょう。
バブルで成功した人は、またバブルを追い求める人生になってしまうかもしれません。
経済発展は、必要です。
でも、人間の欲が一点に集中すると怖いですね。
自分にとって、本当の豊かさは何なのか?
そして、それを手に入れることは本当にワクワクすることなのか?
自分と向き合って考えてみる価値があると思います。

 

By | 2009-03-31T18:12:12+00:00 2009年 3月 31日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…
毎月新しい行動をしよう!変化しまくった塾生さん

人気の記事