人づきあいや、夫婦間、子育てなどから『怒る』ということについて考えました。
怒らずに誉めることが人を成長させると言います。
私は、怒ることすべてが悪いとは思いません。
ただ、怒り方にもよりますが、怒るというのは何も考えないでもできます。
人間ならば、自分がむしゃくしゃするから、自分のうっぷんを晴らすために、相手を怒るという時もあります。
ただ、まったく相手のことを考えず、自分の感情だけで相手を怒ると、相手は余計反発します。
それに対して、余計、自分の気が治まらなくなってくるので、悪循環になります。
まず、反射的に怒るということではなく、相手の立場や状況、感情をよく考えてやることが大切だと思います。
そして、できれば、怒るということを避けた方がうまくいくと思います。
大人であれば、冷静に考える頭があります。
冷静さを失えば・・・
世界や歴史を見たら分かりますが、戦争になります。
根底には、自分たちのことしか考えてない、利己主義的な発想があると思います。
結局、相手のことを想いやる気持ちがなければ、本当の意味で平和な世の中はないでしょう。
小さなところからその気持ちを育んでいく必要があります。
私は、まず、自分から、そして、一番身近なところにいる家族からだと思っています。

↓関からのお知らせ〜

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読まれ続けている
人生を変える最新情報やノウハウが無料で読める!

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

By |2009-03-22T11:08:03+00:002009年 3月 22日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

話題沸騰中のQUEENの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』観てきました!

道は、もう開きました。難しいことはしなくていいです@Webライターマーケティング塾

カリスマがカリスマたる所以。表参道の有名美容師にカットしてもらいました!

地方の人が、東京に来ると疲れる理由

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/11/12 – 2018/11/18】

渋谷フリーランスバル、参加してきました!by ランサーズ


人気の記事ランキング