You are here:-『過去は変えられない、未来は変えられる』あきらめない中澤佑二選手の姿勢

昨日、NHKのテレビ番組の「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。
サッカー日本代表の中澤佑二選手が出てました。
中澤選手については、以前もテレビ番組で何回わけに分けて特集があった時に見たことがありました。
その時も、あきらめずに夢を叶えた男と感じていましたが、今回の番組でもやはりそれを強く感じました。
何があってもあきらめない姿勢、そして、やるべきことだけに集中する姿勢。
これができれば、誰でも成功できる可能性があることを中澤選手は教えてくれますね。
W杯でベスト4に入ることは、多くの日本国民が信じてないでしょう。
ただ、それを一番信じているのは、中澤選手だと思いました。
世界の壁は厚いです。
日本は、W杯出場の歴史もプロの歴史も浅いです。
でも、最初から無理と言っては、やる前から諦めているってことなんですよね。
『自分を信じてやりたい』という中澤選手に対して、
『無理だろ』なんて言ってはいけないと思いました。
多くの人は評論家です。
自分のことを棚に上げ、人に対しては独自の論理で、辛口でものを言います。
何かの書き込みで最近のレッズのサポーターは変わったと書かれていました。
昔、弱小チームでJリーグのお荷物と言われたレッズのころのサポーターは、選手と一体となって頑張ったといわれています。
今は負けると、ただ暴言を吐いたりするような人が多く、勝って当たり前、勝たないと全く駄目のようなサポーターが多くなったようです。
おそらく、選手がどうこうというより、サポーターの自分自身がただ負けて悔しいからそういう行為や考え方になっているのかもしれません。
選手を鼓舞することは大切です。
でも、負けたときほど、選手の味方になってあげられるようなサポーターが本当に選手やチームのことを分かってあげられるのだと思います。
選手というのは、負けて強くなります。
だから、勝つためには負けも必要なのです。
ちなみに経営者は失敗して強くなります。
中澤選手は、自分を信じて、多くのことを犠牲にしてサッカー一筋で打ち込んできたと言います。
みんながカラオケに行ったり、彼女とデートしたりしている時も、プロになるためにはと、サッカーを優先したそうです。
そのぐらいしないとプロになれないという思いがあったと言います。
また、頑張ってもプロのサッカー選手に慣れなかった人は、サッカーよりも優先順位が高いものがあったからと言っていました。
確かにそうですね。
目標達成にしても、目標が達成できなかった時は、その目標達成以外のものに気が取られ途中であきらめたという人は多いと思います。
どれだけその目標のみに集中するかということが大切なんですよね。
高校時代、まったく無名の選手から、日本代表のキャプテンを務めるまで成功した中澤選手は、成功者としてのいいお手本だと思います。
『過去は変えられない、未来は変えられる』
この言葉にはグッときますね。
私自身、過去は振り返りたくないぐらい、失敗もありますので(笑)

 

By | 2009-03-21T13:22:36+00:00 2009年 3月 21日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事