You are here:-どうなるGM

GMは、ここ数年、金融会社のGMACファイナンシャル・サービシズによって義売り上げを上げていたといっても過言ではないようですね。
そして、その車のクレジットローンが金融商品になり世界に出回りました。
サブプライムローンと同じ仕組みです。
低所得者でも、高額な車のローンが簡単に組めたのです。
自動車産業は、米国にとっても大事な産業です。
もし、何かあれば、大量の労働者が路頭に迷うでしょう。
そして、自動車大国の米国、しかもGMだからこそ、業績も下げたくなかったのでしょう。
しかし、これら証券化された金融商品は、専門家さえリスクがどの程度まで膨らんだのかが分からなかったほどです。
世界の金融資産は、一気に吹っ飛びました。
2008年の損失は606兆円。
これは、日本の国家予算の約7倍です。
なぜ、ここまでして金稼ぎに走るのかが分かりません。
金融工学というものがあるらしいですが、所詮、机上での理論なのでは?と思ってしまいます。
うまい具合にリスクを分散させていたのでしょうが、複雑になり過ぎるあまり、プロの投資家でさえも騙される商品だったのでしょう。
もちろん、実際、起こってしまった金融危機はどうすることもできません。
GMが破たんしたら、最悪、証券が紙くずになり、投資信託も打撃を受け、さらに経済が悪化していくでしょう。
GMの株価は、76年ぶりの安値になったようですね・・・
破産法容認、GMが否定…破綻懸念の払拭ねらいか
投資家は、見せかけの売上でごまかされてはいけないとつくづく思います。
今、大企業は根本的なところから経営を見つめなおさなくてはいけないと思います。
売上や利益を追求するのは企業としては当然のことですが、実際の力以上のことをやっていてはいつかは歪みができ、最悪破綻します。
そうなると、まじめにやっていた下請けや取引業者なども、ともに破綻する運命になります。
私は、小さいビジネスしかやっていませんので、どうにでもかじ取りができます。
しかし、企業は大きくなればなるほど、大企業としての大きな責任や影響力を考えて経営しないといけないと思います。

 

By | 2009-03-07T12:25:08+00:00 2009年 3月 7日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』

人気の記事