You are here:-伊達公子選手 13年ぶり4大大会本戦出場

私と同い年の伊達選手。
ほんとにすごいな~
伊達、13年ぶり4大大会本戦出場=予選3回戦でストレート勝ち-全豪テニス
テニスの4大大会今季第1戦、全豪オープンの予選が17日、当地で行われ、昨年現役に復帰したクルム伊達公子(38)=エステティックTBC=が女子シングルス3回戦で世界ランキング416位の18歳、マリヤ・ミルコビッチ(オーストラリア)を7-5、6-1で破り、引退した 1996年以来、13年ぶりに4大大会の本戦出場を果たした。
また、テニス界がおもしろくなりそうですね。
杉山愛選手も素晴らしいですが、伊達選手の方がメディア的には受けますね。
伊達選手が引退したのが、26歳のころ。
引退前に、グラフを破った試合がありました。
本当に素晴らしく、感動する試合でした。
まさか、あの後に引退をするなんて、誰もが早すぎると思ったでしょう。
世界ランキング4位という実績も合わせて、記憶に残る選手に間違いがありません。
引退から12年間。
努力を積み重ねていたんでしょうね~
生まれ持った素質はもちろんあったと思いますが、世界を戦う選手としては、小柄でもあったし、ハンデもあったはずです。
それに打ち勝つ努力や、継続する努力、見習わなくてはなりませんね。
ただ、スポーツ界でいえば、普通、スポーツ選手が復帰できる年齢ではありません。
真似できる人は少ないでしょう。
だからこそ、伊達選手は、テニス界においてはもちろん、スポーツ界においても、存在価値は十分にあります。
私は、エンターテイメント性がある選手が、本物のプロスポーツ選手だと思います。
話題性があり、見てて楽しいのはもちろん、夢や希望、勇気を与える選手だと思います。
ぜひ、伊達選手には、同い年として信じられない結果を残してもらいたいものです。

 

By | 2009-01-18T09:58:38+00:00 2009年 1月 18日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事