You are here:-リンククラブ ネット料金を予告なく課金、2万人から計2億円で苦情多

リンククラブ、私はドメイン取得で利用しているのですが、これは違法ですね~
ネット料金、予告なく課金…2万人から計2億円で苦情多発
 「リンククラブ」という名称で、ホームページを作りたい利用者にサーバーを貸し出すサービスなどを提供しているネット関連企業「カイクリエイツ」(東京都)が昨年末、「情報管理などを強化するシステム費に充てる」という理由で、事前の連絡を十分にしないまま利用者約2万人の口座から、それぞれ1万円を引き落としていたことがわかった。
 監督官庁の総務省には、苦情や相談が相次いでおり、同省は、消費者に費用負担を求める時には事前の説明が必要としている電気通信事業法に違反する疑いもあるとして調査に乗り出した。
 カイクリエイツから集金を委託されているクレジットカード会社によると、カイクリエイツに会員として登録している利用者約2万人の口座から先月29日、月々の利用料と同時に1人あたり1万円を引き落とした。カード会社には「引き落とされることを知らなかった」などという苦情や相談が今月9日までに約200件寄せられているという。
 総務省にも「事前の通知なしに1万円を引き落とされた」という相談が9日までに20件寄せられている。
 カイクリエイツは規約で「臨時の料金を予告なく課金する場合がある」と定め、現在はホームページ上で「システム費として1万円を会員に負担してもらう」という説明を掲載している。読売新聞の取材に対して、同社は「対応できない」と話している。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090109-00000075-yom-soci
私は課金されていなようなので、サーバーをレンタルしている人に対してみたいですね。
「臨時の料金を予告なく課金する場合がある」と規約を定めていれば、いくらでも課金していい、というであれば、電気通信事業法が存在する意味がないです。
きちんと対処しないと、悪質業者が現れますね。
今回の件については、事前の説明は必要でしょうし、課金が納得行かない人には、他のサーバーに移行する方法も説明してあげるべきだと思います。

 

By | 2009-01-10T13:21:54+00:00 2009年 1月 10日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事