You are here:-引退

2004年アテネ五輪競泳女子八百メートル自由形金メダリストの柴田亜衣選手が引退会見をしたようですね。
今朝知りました。
※テレビを見なくても、ネットを見ればニュースが手に取るようにわかる時代は素晴らしい・・・
水泳の指導者としてではなく、OLとして働くようですね。
おそらくしばらく月日が経てば水泳がやりたくなり、水泳に関わると思いますが。
金メダルの実績、もったいないですし、自分が真剣に取り組んできたものを人生の中でそうそう簡単に手放せるものではないと思います。
引退と言えば、Qちゃんも引退しましたし、サッカーでは名波やモリシ、野球では、清原や野茂も引退ですね。
ほんとにスポーツの世界は引退が早いですね。
おおくの プロ選手は、引退後のことを考えずにがむしゃらに結果を求めて頑張っていると思います。
でも、通常は、プロになっても名を残すぐらいに成功する人は一部です。
そして、20~30代で引退するスポーツの場合は、明らかに引退後の人生の方が長いです。
スポーツ選手は、私たちにあきらめない気持ちや勇気、希望、夢を与えてくれる人たちです。
まさにエンターテイナーでもあると思います。
そんな人たちが引退後でも活躍できる場が整備されればいいなと思います。
引退って、一つの時代が終わっていく感じがしますね。
ちなみに、ビジネスは生涯現役でできますよね。
なんて恵まれているんだろうって思います。
自分がやりたいことのアイデアさえあれば、一生楽しく生きていけます。

 

By | 2008-12-12T11:53:51+00:00 2008年 12月 12日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事