You are here:-体と頭の使い方

認めたくはないけれど、歳を重ねるごとに体力や筋力は衰えてくるものです。
クルム伊達公子選手は別として(笑)
若い頃は、肉体労働だけでも、ガンガン稼げます。
私も相当無理をしていた時期もありました。
でも、先を見ると、いや現実でもいいでしょう、肉体的な無理はきかなくなると感じてきます。
ここでの肉体労働とは、3K(きつい、汚い、危険)を指しているのことではなく、長時間労働や、過度のストレスを受けるような仕事も含まれます。
たくさん稼ぐには、たくさん働くことが必要だと思っている人が多いです。
無理をしなければ、たくさん稼げないと思っている人も多いでしょう。
世の中を見渡してみると、大抵の成功者というには、ある程度の社会経験のある年齢の方です。
しかし、なぜ、ある程度年齢がいっている人が多いのかと言えば、体を使うよりも、頭を使うことに長けているからだと思います。
成功者も若い頃は、周りの人以上に体を動かしてきたはずです。
でも、ある時、それだけでは自分の望むことは達成できないと気付き、頭で考え、アイデアを出し、工夫し、とやっているうちに、人よりも頭を使うことが得意になっていったのだと思います。
財を成そうとした時、体だけではどうにもなりません。
頭で考え、工夫することが必要になります。
そして、それは、歳を重ねてきた人が得意とする分野なのです。
もちろん、頭で考え、工夫しながら、「実行」していくことになりますから、体力は必要です。
まあ、いくつになっても、向上心や好奇心、夢を持っている人は、それらをかなえるための体力は衰えませんが・・・
まだまだこんな体力が自分には残っていたのかと、自分で自分にビックリするでしょう。
ちなみに、マクドナルド創始者のレイ・クロックは、業務用ミキサーの営業をしていた52歳のときに、マクドナルド兄弟が運営していたハンバーガーショップと出会ったのです。
今日のマクドナルドの成功は、誰もが知っている通りです。
当然、紆余曲折がありましたが、その情熱はすごいものがありますし、学ぶべきものはたくさんあります。
ユニクロの柳井正氏やソフトバンクの孫正義氏がバイブルとしているレイ・クロックの自伝は、おすすめです。
成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

 

By | 2008-11-18T12:36:10+00:00 2008年 11月 18日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事