| 

『ホテル・ルワンダ』を見ました。

先日、1994年にアフリカ中部で起こったルワンダ紛争を映画にした
『ホテル・ルワンダ』を見ました。

ツチ族とフツ族の民族対立によって武力衝突があり、
フツ族過激派が100万人以上を虐殺したという紛争です。

その時に、ホテルの支配人であったポール・ルセサバギナが、
ホテルに1200人以上の難民を救いました。
 
 
「ホテル・ルワンダ」は、実話を元に作られた話ですが、
シンドラーのリストを思い出させるような映画でした。

自分の家族を愛することはもちろんですが、
1200名以上の人々を見捨てずに
助け抜くことは誰もができることではありません。

一歩、誤れば、全員虐殺されても仕方がないような緊迫した中で、
よく逃げ出さなかったな、と思います。
 
 
しかし、100万人以上が虐殺されたということは、
受け入れがたい事実です。

子供を生かせておくと子孫を繁栄されることから、
子供が狙われたという話も本当に胸が痛くなります。

国連や米国などの介入がもっと早ければという内容でしたが、
やはり利益がなければ動きも鈍いのでしょうか。
 
 
そもそも人を愛するという気持ちがあれば、
このような悲惨なことは起こらないと思います。

その前に、自分を愛することができていないのかもしれません。

日々、悲しい事件のニュースがあります。

命の大切さ、人間の生命や存在が奇跡的なものであることなどを、
日々認識すれば、世界中の人々が、
より幸せで平和になっていくのではないでしょうか。

↓関からのお知らせ〜

★月3〜5万円の収入を増やしたい方必見!
7日間限定!すぐに受け取ってください!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読まれ続けている
人生を変える最新情報やノウハウが無料で読める!

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

話題沸騰中のQUEENの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』観てきました!

道は、もう開きました。難しいことはしなくていいです@Webライターマーケティング塾

カリスマがカリスマたる所以。表参道の有名美容師にカットしてもらいました!

地方の人が、東京に来ると疲れる理由

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/11/12 – 2018/11/18】

渋谷フリーランスバル、参加してきました!by ランサーズ


人気の記事ランキング