You are here:-既成概念や常識

「既成概念や常識」の写真"
『エッッ!?』
「既成概念や常識」の写真
『ウソッ!?』
「既成概念や常識」の写真
『ヨカッタ・・・』
先日、朝陽を撮りに行った時の写真です。
また、朝陽が昇る前の出来事です。
大型船が『危ないぞ!』と言わんばかりに、汽笛を鳴らしてました。
大型船と小型船、どちらが悪いように思えましたか?
実際に見ていた私には小型船が悪いように見えました。
そう思った人は多いと思います。
しかし、本当にそうだったのでしょうか?
写真を見ながら考え直したのです。
その真相はわかりません。
しかし、私が小型船が悪いのかな?と思ったのは、あくまでも客観論ということに気付きました。
まるで、大きいものが正しくて、小さいものが誤っているというような既成概念。
注意している方が正しいかのような既成概念。
幸せな人生を目指していく中で、そして成功を目指していくなかで、既成概念や常識にとらわれない考え方は必要です。
周りがそういうから、テレビでこう報道されてたから、週刊誌にこう書かれてたから・・・
常識というのは、多くの人間が作りあげたものでしかありません。
日本の常識が世界の非常識といわれるように、日本の大多数がそう思って常識になっているだけで、世界で見ればまったく違うことが常識となっていることも多いのです。
また、成功者の考え方と成功できな人の考え方が、まったく違うということも多々あります。
既成概念や常識にとらわれていると、いつまでも他の人の意見に左右される人間にしかなれないということです。
惰性で生きていくような生き方にもなりかねません。
一度はそう思ったとしても、一回疑ってみる、他の方向から見つめてみるなど、ちょっとしたことで物事が大きく変わる可能性があります。

 

By | 2008-10-11T12:11:28+00:00 2008年 10月 11日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事