You are here:-ヤフオクの「ID乗っ取り」事件

ヤフー・オークション(ヤフオク)で、「ID乗っ取り」の被害が約3000件も発生しているらしい。
内容は、何者かが勝手に他人のIDを使い、偽ブランドなどの出品を
行い、落札者には違うメールアドレスを伝えるというもの。
最近ヤフオクを使ってなかったので、念のため確認してみたが、
大丈夫だった。
出品者が接続したサーバーは、韓国や中国などだったそうだ。
身に覚えのない被害者は、自分のIDが使用停止になっていたり、出品手数料や落札手数料ヤフーから請求されたりするので、トラブルになっているようです。
当然ですよね。
果たしてヤフー側から漏れたのか・・・
しかし、他人のIDとパスワードが分かればこのようなことは簡単にできてしまうので、恐ろしい事件ですし、他人ごとではありません。
現在の会員数は今年6月末現在で、約710万人といいますから、
まだ被害者がいるかもしれません。
ヤフーのIDを持っていれば、一度確認を!

 

By | 2008-09-06T15:52:43+00:00 2008年 9月 6日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事