You are here:-輝く命〜朝早く福岡を出て、熊本を通り、高千穂へ。高千穂神社、天岩戸神社、高千穂峡などを回った。〜

『望郷』
高千穂から延岡へ・・・
昨晩、高校の同級生たちと飲んだ。
昔ほどお酒を飲む機会が減った私ですが、昨日は親友の初めての
子供が無事産まれたことで、親友を囲んでの飲み会だった。
新しい生命の誕生を祝福し、楽しくおいしいお酒が飲めた。
飲み会が終わるまで、それが続く
はずでした・・・
飲み会の後半、パパになった親友が帰ったあとのこと。
現在、小学校の先生をしている同級生に、私の親友で県北で先生をやっている親友が元気か、何気なく聞いてみた。
ほんとに何気なく・・・
ちなみに、県北で先生をやっている親友とは、いろんなエピソードがある。
一緒にバンドをしたり、お互い関東の大学だったので関東でも何度か会ったり、九州の各地であったりもしていた。
私の大学合格の瞬間も、彼は知っている。
ほんとに自分のことのように喜んでくれた。
彼の奥さんは、彼が付き合っていたころから知っている。
彼女と結婚して、私もとてもうれしかった。
私が貧乏だったころ、焼肉をたくさん食べさせてもらった。
いつか、お礼をしたいとずっと想っていた。
昔話をしながら、夜が明けるまでお酒を飲みたいと想っていた。
彼は、ある専門の知識や才能がずば抜けていて、先生になってからはその方向ですごく頑張っていた。
いつも笑顔の彼のイメージしか私にはなかった。
だから、同級生の返事には、当然、
「彼は頑張ってるみたいよ」
というものを期待していた。
しかし、同級生の返事は、
「彼は、亡くなったよ」
という返事だった。
その場では、私が一番彼とは親しかった。
だから、一番私が動揺していたに違いない。
しばらく、何の声も聞こえなかった。
今年のゴールデンウィーク、家族で福岡に行った帰りに、無性に高千穂に行きたくなった。
高千穂は、高校の同級生十数名と、その当時の担任の先生に
会いに行った思い出もあった。
そのとき、彼もそこにいた。
朝早く福岡を出て、熊本を通り、高千穂へ。
高千穂神社、天岩戸神社、高千穂峡などを回った。
輝く命の写真
輝く命の写真
そして、高千穂から、延岡経由で家に帰った。
実は、その時も、彼のことを思い出していた。
もう夜になってたので、さすがに寄ろうとは想わなかったが、
会いたいという気持ちは強かった。
今、思えば、彼が私を呼んだのだろうか。
私が自ら彼に会いに行ったのだろうか。
どちらでもいい、
そのとき、私は彼に会うことができたのだと想う。
親友の死によって、命とは永遠ではないものを思い知る。
新しい生命が誕生しても、必ず、その生命には終わりがある。
今、この瞬間、真剣に生きているだろうか、
思いっきり輝いているだろうか。
私には、親友はいつも輝いているように見えていた。
彼の生き方は素晴らしいものだった。
彼の生き様、信念は、語り継がれ、花を咲かせるに違いない。
私の人生においても、彼の存在は大きいものだった。
本当にありがとう。

 

By | 2008-08-30T15:49:26+00:00 2008年 8月 30日|Categories: 宮崎, 神宮・神社|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』

人気の記事