You are here:-女子ソフト 金メダルおめでとう!~西山麗選手に感動

女子ソフト 金メダルおめでとう!~西山麗選手に感動の写真
『忘れてはならないもの』
今日は、曇り。
朝陽が見れなかったので、ちょうど3年前、2005年8月22日の朝陽です。
3年前のあなたは何をしてましたか?
昨夜の女子ソフトの金メダルは感動しました
涙した人も多かったと思います。
前日のオーストラリア戦も凄かっただけに、決勝も目を離せぬ内容だったと思います。
先日、私は西山麗選手の話をテレビで知って胸を打たれました。
彼女は、心臓弁移植手術という大手術を中学生の頃に受けています。
それまでは、全力でスポーツができない体だったそうです。
ちなみに、ドナー(臓器提供者)は米国の人。
昨日の決勝は、米国に恩返しをするためにも全力だったと思います。
そして、西山麗選手は、手術前に現在の斎藤春香監督にスポーツ教室で会って、当時選手として活躍していた斎藤監督と、将来一緒にソフトボールをやろうと約束しました。
その後、同じ実業団で夢をかなえ、そして、今回オリンンピックで、
監督と選手という関係で、金メダルをつかんだのです。
金メダルをとることも凄いですが、日本代表に選ばれることさえもかなりの確率です。
ましては、西山麗選手は、普通の人には想像もつかないほどの
大きな体のハンデを背負っていました。
西山麗選手は、
「自分は一度死んでいるんだから、ソフトをやらせてくれ」
と両親に頼んだそうです。
西山麗選手の話を知ると、人間はどんなことでも乗り越えられると
いうことを学ぶことができます。
昨夜は、金メダルの受賞式を見ながら、夢の大切さを感じた時間でした。

 

By | 2008-08-22T11:30:24+00:00 2008年 8月 22日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』

人気の記事