| 

稼ぐために大切な「リズム」

過去、家賃を6ヵ月滞納し、ホームレス寸前だったこともある私は、
どん底を味わいました。
 
そんな時は、なぜか、もがけばもがくほどうまくいかないものです。
 
でも、逆に、良かった時期もありました。
収入のいいバイト先が見つかったり、お金が貯まったり・・・
 
そんな時は、なぜか次から次へと待遇のいいバイト先が見つかるものです。
 
 
いろいろ経験していくと、身をもって感じるのが、
「人間にはリズムがある」
ということです。
 
うまくいくときはうまくいくことが続き、
そうでないときは、あまりいいことが起こらない・・・
 
 
いいことばかりを引き寄せる人や、
マイナスをプラスに転換できる人であれば、
そういうことはないかもしれません。
 
でも、おそらくほとんどの人が人生には、
「波」があると感じていると思います。
 
そして、その波に惰性で流されていく・・・
 
 
私は、気付くのが遅かったのか、早かったのか、
自分のリズムを感じ、それを利用することにしました。
 
自分が調子が良くないと感じるときは、
新しいことにはチャレンジしなかったり、
大きな出費などには注意したりします。
 
あまり動かず、できるだけ、頭や体を休める努力をします。
 
 
逆に、調子がいい時は、新しいアイデアを考えたり、
新しいことにチャレンジしたりと、積極的に動きます。
 
 
少し前から、そのような時期に入っていると感じていた私は、
「今だ!」という感じで、新しいことにチャレンジしました。
 
やはり作業もはかどりました。
そして、結果も予想以上についてきて、今に至ります。
 
「自分のリズムを感じ、波に乗る」
 
「今だ!」と感じた時は、全力で突っ走りましょう!

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2017-09-10T04:49:14+00:00 2008年 2月 16日|Categories: 成功ビジネスのヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング