You are here:-ツイてることが続く秘密・・・
  • View Larger Image

ツイてることが続く秘密・・・

ツイてることと、ツイてないこと、
どちらが起こって欲しいかといえば、ほとんどの人が
「ツイてること!」
と答えると思います。
  
私もかねてからそう思っていましたが、
なかなかツイてることなんて、頻繁には起こりませんでした。
 
 
でも、今、私はツイてることが続けて起こるようになりました。
 
欲しいものが驚くほど安く買えたり、
無理だと思っていたことが叶ったり、
何年も前から探していたものが見つかったり、
人間関係でいい関係になってきたり・・・
 
 
なぜ、そんなことになってきたのか、
ちょっと分析してみたところ、ツイてなかった時の私と比べると、
「決断力の速さ」の違いがあったのです。
 
 
過去の私は、よく決断を先延ばしにしていました。
 
いずれやるということでも、
その決断を先延ばしにする癖があったのです。
 
どうせやることであれば、速く決断したほうがいいと思い、
できるだけ速く決断をするように変えました。
 
 
ビジネスで稼ぎたい!と思っている人は、
決断するという作業も大切なことです。
 
ビジネスは決断の連続ですから。
 
でも、決断するその速さにもこだわっていくと、
あなたにも、ツイてることが起こってくると思います。

「決断の速さ」は、過去の私との決定的な違いでした。
 
ツイてることが続いてるのは、
もちろん、これだけが原因ではありません。
 
まだ他にもありますが、
長くなりそうなので、今日はここまでにします(^_^)

 

By | 2017-10-23T12:40:02+00:00 2008年 2月 1日|Categories: 自由に生きるヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事