You are here:-家族の存在

私はよく家族のことを書きます。
 
 このメルマガでもそうですし、ブログにもよく書きます。
 
 私の場合、幸せな生き方には、必ず家族の存在があるからです。
 
 
 24歳の頃、成功というものを強く意識しました。
 
 初めてのサラリーマンを経験し、社会というものを知った年齢でもあり、
 初めて自己啓発の本を読んだ年齢でもあります。
 
 そして、独立を決意し、スタートしたのも、24歳です。
 
 
 24歳が私にとっては、大きな分岐点でした。
 
 成功を目指すには、夢を紙に書いたり、計画を立てたりすることは当然の
 ことです。
 
 当時も、そうしました。
 
 
 家族についてですが、24歳の私は、30歳で結婚と書いたものです。
 
 もちろん、子供も出来るだろうから、そのことも考えてました。
 
 子供は2人と・・・
 
 
 しかし、結婚や子供って、相手がいないと叶いませんよね(笑)
 
 だから、普通はそんなこと思い通り行くわけないと思うでしょう。
 でも、どうやら、こういった思いも叶うようです。
 
 
 私は他の夢と同じように、いつというのを決めてました。
 
 先ほども書いたように、30歳で結婚と決めてたのです。
 
 
 ぴったり30歳というわけにはいかなかったですが、29歳になるちょっと前に
 結婚しました。
 
 そして、ひとり目の子供が、30歳の時に誕生しました。
 
 33歳でふたり目に恵まれました。
 
 
 24歳の時に思い描いたような感じになったのです。
 
 振り返ったら、すごいな~と思いました。
 
 ただ、子供は3人目を考えてますが(^_^;)
 
 
 でも、24歳の私には、家族というものが自分にとってどれほど大きな影響を
 与えるものなのかは、全くわかってなかったのです。
 
 わかれという方が無理なのですが・・・
 
 
 なんとなく、理想的な家族像はイメージしていました。
 
 
 しかし、実際に家族を持つと、
 
 『これ以上に欲しいものってあるんだろうか?』
 
 という思いになりました。
 
 
 私は親の気持ちなど全然考えずに生きてきたことを反省しました。
 
 こんな気持ちで、両親は自分のことを育ててきたのか。と毎日感じます。
 
 子供は、親を成長させるものだと思います。
 
 
 人間って、仕事ができれば一人前、所得が高ければ一人前というのが、
 世間一般の意見としてあるかもしれません。
 
 それはそれで素晴らしいことだと思います。
 
 
 でも、私は、子供を立派に育て上げることは、人間の一生にとって、すごく
 大切なことだと思います。
 
 それほど、幸せなことでもあり、大変なことでもあるからです。
 
 そして、親に感謝の気持ちもわきます。
 
 
 こう書きながら、親としてまだまだ頑張んなきゃ!と思ってます(^_^)
 
 
 それでは、また来週!

 

By | 2006-02-24T21:05:41+00:00 2006年 2月 24日|Categories: 自由に生きるヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事