| 

起業の原点!~プロジェクトS第20話~小野伸二選手合流!サッカー日本代表宮崎合宿!3回目!

朝陽に向かってキックオフ

 
こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

僕のブログへ来て下さってありがとうございます!
  
 
今日は、3日ぶりに朝陽が見れました。

久々に朝陽のパワーを浴びると、
体が軽く感じるのが不思議です
 
 
またまた、行って来ました(^_^)
サッカー日本代表宮崎合宿!

すでに3回目(^_^;)
 
 
昨日のお目当ては、
もちろん小野伸二選手でした。

ついに昨日から、
代表合宿に合流しました。

観衆が増えてたのも、
小野伸二選手の存在があったからですね~
 
 
選手みんなで走る!

ジーコも走る!
 
 
練習を終えた小野伸二選手。
 
 
居残り練習をする宮本恒靖選手。
 
 
なにやら、大きいサッカーボール

いや、サッカー人間を発見

楽しませてくれます!
 
 
綺麗な夕陽も見えました。
 
 
小野伸二選手効果で、
昨日から始まった
プロ野球の巨人キャンプよりも
サッカーグランドには、
ファンが集まったようです。

2月は、代表の試合が4試合もあるので、
ぜひ頑張ってほしいですね!
 
 
では、大好評(?)連載中のプロジェクトSです!

プロジェクトS
☆最初で最後のサラリーマン365日、壮絶な教室長びんびん物語
第20話

最後に一度だけと~ 唇かみしめて~
握り締めた手のひ~ら~ 燃えるように熱い~

~ごめんよ涙 田原俊彦~
 
 
この物語は、ノンフィクションです。
12年前にサラリーマンを1年間限定でやっていた時の物語です。
その中で、僕が独立を決意することが起こりました。
 
  
ついに、20話まで来てしまいました。

バックナンバー読むのも大変ですよね(汗)
 
 
母が送ってきたもう一冊の本は、
デール・カーネギーの『人を動かす』でした。

自己啓発本としては、あまりにも有名な本です。
 
 
でも、その時の僕は
本の名前も著者も聞いたこともなかったですし、
世界でどれだけ愛されてる本か
なんてわかるはずもなかったのです。
 
 
でも、読んだらすごい本だとわかりました
 
 
昨日、人を動かすの三原則の一番目、
『批判も非難もしない。苦情も言わない。』
をご紹介しました。
 
 
思い返してみれば・・・してました、言ってました。
 
初っ端から、ガーンと来たわけです。
 
 
ひとりで10名ほどの講師らを
教育、指導、管理する立場だった僕は、
人を動かすの三原則を早速活用しました。

でも、最初から上手く行くわけがありません。
 
 
講師は学生アルバイトですから、
特に難しい面もあったかもしれませんが・・・
 
 
でも、すぐに活用できる場があったことは、
幸せだったと思います。
 
  
この本は、
人を動かすことについてだけ
書かれてるのではありません。
 
『人に好かれる』
『人を説得する』
『人を変える』
『幸福な家庭をつくる』

これらのことについても、深く書かれてます。
 
 
これらの中でも、当時、印象深かったのは、
『人に好かれる』の章でした。
 
 
人に嫌われたいと思っている人は
ほとんどいないと思います。

人に好かれたいと思っている人が
ほとんどでしょう。

しかし、人に好かれる努力を
しているのかと言えば、
そうではないような気がします。
 
 
この『人に好かれる』の
六原則を見ればわかります。

人に心から関心を寄せること、
笑顔で接すること、聞き手にまわる
ことなどなど・・・
 
 
僕は、すべて勉強になりました。

その時からずっと意識して
実践していることもあれば、
忘れてることもあります。
 
 
でも、間違いなく、
この『人を動かす』の本は、
今でもずっと役に立っている本なのです。
 
 
コメントを下さる方には、
本好きな方が多いようですし、
人生を変えた本があるという方もいらっしゃいます。

本は読まなくても、
多くの素晴らしい人との出会いで
多くのことを吸収している方も
いらっしゃると思います。

それも素晴らしいですね!
 
 
本は、その時々で感じるところが変わります。
 
 
おっ!なるほど

とか、

あっ!そうか

などなど。
 
 
すぐに忘れてしまいがちですが、
潜在意識には残っていると感じます。

そして、もっと強く残すためには、
忘れないうちにすぐに実践してみることだと思います。
 
 
実践することで、
体も一緒に覚えます。

潜在意識にも深く刻み込まれるのでしょう。
 
 
そのためか、本を読み返すと、
その時実践してきたことをいろいろと
思い出します。
 
 
その時の結果が、
たとえ良い結果ではなかったとしても、
今でもしっかり忘れずに覚えてるな~って
気付かされるのです。
 
 
結局、実践してナンボだと思います。
 
 
24歳のときに、
母からもらった2冊の本、
『大きく考えることの魔術』
『人を動かす』は、
いつでも心の本棚に並んでます。
 
 
その時の気持ちが、
僕の起業への原点だったと思います。
 
 
続く・・・
 
 
いよいよ、プロジェクトSも、大詰めか!?
 
 
最後まで、本当にありがとうございます!

↓関からのお知らせ〜

★あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
「関達也の個別コンサルティング」
特別価格で募集中!日程と詳細はこちらから

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

★個人の稼ぐ力がついた人が続出!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

By |2018-03-05T02:03:26+00:002006年 2月 2日|Categories: 健康&趣味, おすすめ本/オーディオブック|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/09/17 – 2018/09/23】

娘の運動会に行ってきました!

安定的に収入を得る話を、次は宮崎で開催します!

写真撮影してもらいました!@銀座

気分良く、仕事ができるコツ

やる気を継続するには、「やらざるを得ない状況」を作るに限る!


人気の記事ランキング