You are here:-ネットで自由を!

ネットで自由を!

自分が何をしたいのか?何のために頑張るのか?
 
それが具体的に出てきたら、
目標を立て、計画を立て、行動すればよいと前に書きました。
 
 
実際のところ、結果を出す人が少ない、または成功者が少ないのは、
この最後の行動ができない人が多いのだと思います。
 
または、行動を始めても、持続しない場合も多いでしょう。
 
 
あなたにとって自由というものがどういうものかはわかりません。
 
でも、自由を手にしたいと思えば、毎日を流されるまま生きていては、
絶対に手に入れることは出来ません。
 
 
例えば、自由というものに、
『子供と一緒に入れる、または遊べる多くの時間』
があったとします。
 
立派な自由ですし、今の私にとっては、最高の自由と言えるものです。
 
 
私の考えですが、雇われていたら、なかなか実現できないと思います。
いかがでしょうか?
 
突然の残業、接待、休日返上、取引先との付き合いなど、
いろんなことが自分の意思とは関係なく起こります。
 
 
私は、子供とたくさんいれる時間を作りたいと思って、
自由に生きる道を選んだわけではありませんでした。
 
 
私が、自由に生きたいと思い、雇われない生き方を選んだのは、24歳の時。
 
その頃は、付き合っている彼女はいませんでしたし、
当分つくらないと決めてました。
 
 
ですので、正直なところ、子供がいる家族生活なんて、
具体的に想像することはできませんでした。
 
 
そして、私は28歳で結婚しました。
30歳の時に、一人目の子供が生まれました。
 
 
子供ができた頃には、ようやくある程度の自由を手にしていました。
ずっと子供と一緒にいることができました。
 
 
『子供と一緒にいれる時間、遊べる時間がたくさん欲しい』
 
そういう想いで、自由を手に入れようとしていたわけではなかったのに、
時が経ったら、子供と遊べる時間が山のように手に入ってました。
 
 
最初は、なかなか自分の子供という実感が湧きませんでしたが、
自分を見て微笑んだり、呼んだら一所懸命ハイハイで
こっちへ来たりするとどんどん可愛くなり愛情が出てきます。
 
初めて立った、初めてパパと言った瞬間に
その場にいることが出来た喜びは最高の宝物です。
 
 
二人目の子供の時も、同じように最高の宝物を与えてくれました。
 
 
私は、自由な生き方がしたいがために、
インターネットビジネスを続けてきました。
 
走り出した当初は全く違う仕事をやっていましたが、
今では、ネットでの仕事を本業にしています。
 
今のところ、自宅で仕事をしていますので、
当然、ずっと家族と一緒です。
 
時間も自由に使えます。
遊ぼうと思えば、子供といつでも遊べます。
 
 
将来、私は、ネットだけでの仕事に特化するつもりはありません。
 
しかし、ネットという手段は非常に自由を手にするには
とても良い手段であることは間違いありません。
 
 
ネットビジネスで独立まではしなくとも、
ネットで収入を得ることは、あなたに自由を与えることにも繋がると思います。
 
それでは、また来週!

 

By | 2017-09-16T07:30:43+00:00 2006年 1月 6日|Categories: 自由に生きるヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信でひきこもりになり、誰も会わずに稼ぐと決意。一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ライフチェンジラボのリーダーズミーティングをYahoo!ロッジで開催しました!
銀座「GINZA SIX」に行ってきました!6階の蔦屋書店は一見の価値ありです!(動画あり)
完全にスイッチが入られました。瞬時に問題を解決する「先着10名様の個別相談」を開始しました
小さな習慣から始めよう!
【動画プレゼントします!】一瞬であなたの人生を変える今の時代のキーワード「第1話 一貫性」

人気の記事