You are here:-幸せを○○!

人間は、支えあって生きている。
 そして、大自然にとてもお世話になって生きているということなどを書き
 ました。
 
 若い頃って、特にこういうことに気付かないような気がします。
 
 
 今思えば強がっていたところがあったのでしょうか、
 
 『俺は、一人で頑張ってきたんだ!』
 
 みたいなところがありました。
 
 
 だんだんと、周りの人に助けられてきて今までこれたという感謝の気持ちが
 感じられるようになってくるようです。
 例えば、あんなに嫌いだった学校の先生、部活の顧問など、今となっては
 感謝できる人が多いのではないでしょうか?
 
 
 そして、親に対してもそうですね。
 
 私は、随分と親に迷惑をかけましたし、苦労もさせました。
 
 
 その時は、自分さえよければ言いという自分勝手な気持ちだったのですが、
 今となっては、本当に感謝しています。
 
 
 そして、こうして健康に生きていられるのも、豊かな日本、そして地球で
 過ごさせてもらっているからに他なりません。
 
 
 あなたはいかがでしょうか?
 
 あなたも私と同じように、いろんな面で支えられてきたって感じることが
 たくさんあるのではないでしょうか?
 幸せってそういうところから、とっても感じられることなんです。
 
 
 4歳の娘と2歳の息子がいます。
 
 毎日、とっても不思議だな~って感じます。
 
 となりに妻がいます。
 
 
 ほんとに不思議です。
 
 そして、たまらないぐらいに幸せです。
 
 
 こんな笑顔に囲まれている私は、幸せ以外の何ものでもありません。
 
 
 24歳の時、いろんな夢を書き出しました。
 
 30歳までには結婚して、子供を作って幸せな家庭を築く。
 
 夢のひとつにこんなことを書いてました。
 
 
 彼女がいなかった私は、具体的なものはイメージできませんでしたが、
 いつも笑顔で笑いに包まれた家族を望んでいました。
 
 
 結婚に対しては、特に焦ることもなく、ひたすら成功を追い求めて頑張り
 ました。
 
 
 運命の出会いってあるんですね。
 
 
 27歳のときに今の妻と出会いました。
 そして、28歳で結婚しました。
 
 
 幸せって待っていたらいつかは訪れるものだと思いますか?
 
 
 私は、そうは思っていませんでした。
 
 幸せは掴むもの!
 
 そう思っていました。
 
 
 だから、私は、積極的に人生を頑張っていましたし、今も頑張っています。
 
 
 そこで、最愛の妻に運命的に出会えたのも、偶然ではなく、必然だったの
 です。
 
 
 私は、成功を求めて千葉から、人脈ゼロ、コネゼロの福岡に行きました。
 
 その福岡で出会ったのが妻なのです。
 
 私の人生はそこから大きく変わることになりました。
 
 
 幸せは、掴むものなのです。
 
 そして最後に、もうひとつ、大事なこと。
 
 
 それは、幸せな気持ちを心の中に持つということです。
 
 
 そうすれば、幸せを掴むことができます。
 
 
 幸せはたくさん転がっています。
 
 
 自分が幸せな気持ちで過ごしていれば、たくさん掴むことが出来るのです。
 
 それでは、また来週!

 

By | 2005-12-16T21:53:07+00:00 2005年 12月 16日|Categories: 自由に生きるヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事