You are here:-自由に生きるには、決断が必要です

※今朝の朝陽

自由に生きるには、決断が必要です

僕が今感じている自由とは?
 
それは、”好きなことにいつでも没頭できる喜び”です。
 
 
たとえば、今、こうしてブログを書いていること、
これも自由だからかけるのです。

 
誰から書けと言われたわけでもなく、
書かなければいけないと思っているわけでもなく、
私が書きたいと思ったから、自発的に書いているのです。

 
まさに、これが私にとって自由ということなのです。
 
 
なにが自由なのかは、人それぞれ違うと思いますが、
これだけは言えると思います。
 
それは、
”あなたが望む自由を手に入れるには、独立・起業を目指すべきだ!”
と言うことです。

 
 
独立・起業を希望しない方を否定するわけではありません。
 
与えられた仕事に熱い気持ちを持って、認められるために、そして、
昇進するために、毎日頑張られている方も多いはずです。
 
それがその方にとって、本当に自由な生き方であれば良いでしょう。
 

本当にやりがいのある仕事でしたが、、

 
私は、以前、ある雑貨屋にアルバイトとして入ったことがあります。
 
アルバイトというよりは、お店を一店舗、任された店長だったので、
社員と同等ですが、私はそんなものはどうでも良いことでした。
 
その雑貨屋の社長を私はとても好きでした。
 
 
『社長のために売上げを上げてやろう!』
 
そう決めて、私は一所懸命働きました。
約7ヶ月間頑張りました。
 
その結果、その店舗の利益だけで、
社長の数千万円の借金を返すことができたのです。

 
もちろん、私ひとりの成果ではありませんが、
貢献できたんだという実感がありました。

 
 
社長からは、もちろん感謝されましたが、
むしろ私は、自分の力を信じて任せてくれた社長に
とても感謝しました。

 
お店を任されるというのは、本当にやりがいのある仕事でした。
 

私は独立し、自分のお店をオープンしました!

 
でも、そこに私が求めていた自由はありませんでした。
 
本当にこうしたいと思っても、やはり社長のお店です。
私の意見がすべて通るとは限りません。
 
 
その数ヵ月後、社長に自分の想い、決意を伝えてました。
そして、私は独立し、自分のお店をオープンしました。
 
勝負をかけた出店だったので、どうなるかはわかりませんでしたが、
自分のやりたいようにやりたいという信念の表れが、
独立=オープンだったのです。

 
 
私は、すぐに2店舗目をオープンさせ、
なんと年収をそれまでの10倍にすることができました。

 
休みはほとんどありませんでしたが、常に自由を感じていました。
すべてが自分の思い通りにできるのです。
 
 
もし、何かしらのチャレンジをした結果、失敗しても良いと思います。
現に、私は失敗ばかりでしたが…
 
自分が本当に生きたい人生にチャレンジしていることが自由なのです。
 
自由に生きるには、決断が必要です。
 
本気で自由に生きたいと望むのであれば、
自由に生きる決断をすることでです。

 
決断すれば、人生本当に変わります!
 
この私が保証します(^_^)

 

By | 2005-10-12T21:37:45+00:00 2005年 10月 12日|Categories: 自由に生きるヒント|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信でひきこもりになり、誰も会わずに稼ぐと決意。一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ライフチェンジラボ定例会・トークイベント、MIB塾✕2回を宮崎で開催しました!
夢実現の一歩として、熊本に行ってきました!
ドタ参OK!9月20日宮崎トークライブ!「個人起業の新しいロールモデル」を思いつきました
世界唯一の開発者のファッションコーディネートをしました!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/09/11 – 2017/09/17】

人気の記事