You are here:-なぜ人生が変わらないのか?その原因と解決法について

【なぜ人生が変わらないのか?その原因と解決法について】

 
人生を変えたいと思っていながらも、
1年前や数年前とほとんど変わらない生活を
送っている人がいます。
 
変えたいと思っているのに変わらないのには、
何かしらの原因があるわけです。
 
 
その原因には、2タイプあります。
 
1つ目の原因は
「もっと稼ぎたい、人生を変えたい」
と思いながらも、
現状が普通に暮らせる収入があるので
それで満足してしまってるタイプです。
 
もう1つの原因は、
頑張って努力して目標を達成し
自分なりの成功を手に入れたあと、
次の目標がないまま
月日が経っているタイプです。
 
 
これらは状態は違いますが、
共通点の原因があります。
 
それは
「ぬるま湯に浸かっている」
ということです。
 
どちらも現時点では困ってないので、
「自分磨き」をやめてしまっている状態ですね。
 
 
自分磨きをやめた人が
どうなっていくかというと、
程度にはよりますが
思考が凝り固まったり頑固だったり
自己中心的だったりしていきます。
 
そうなると、
周りとあまり良い人間関係を
築くことができなくなります。
 
新しい人間関係を築くことも
少ないでしょう。
 
結果、人生が変わらず
つまらない人生を過ごすことになります。
 
 
かくいう僕も、
稼げるようになったあと
そういう時期がありました。
 
その時点で家族がいた点はまだマシでしたが、
自分が成長してないことや
このままでは楽しくない人生になると
気付きました。
 
その後、解決方法がわかり
完全に抜け出ることができて今があります。
 
 
解決方法ですが、これが簡単です。
 
自分がぬるま湯に浸かってると思う方は、
「なにかないかな〜」と考えているのではなく、
「行動すること」です。
 
逆境を恐れずに、
興味を持ったことにチャレンジすることです。
 
 
先を考えすぎると
どんどん動けなくなります。
 
時間が経てば経つほど動けなくなります。
 
気がつけば、年齢が、、となりますよ(笑)
 
だから、ぬるま湯から抜け出して
行動すべきは今です。
 
 
僕は引きこもりの人生から激変しました。
 
30代の6〜7年間、引きこもりでした。
 
家族がいる点はまだマシでしたが、
たまに出掛けても
レジさえ行かず嫁に任せていたくらいです。
 
直接お会いした人にこういう話をすると
大抵の人が驚かれますが、
30代の大事な6、7年間を
人を避けて生きていました。
 
 
そんな引きこもりの状態から、
いきなり海外へひとり旅をしたり
20年ブランクがあったサッカーを始めたり
全国でセミナーや塾、アジアツアーの開催
海外や国内のセミナーに参加、
宮崎と東京のデュアルライフなどなどと
過去にとらわれず行動してきました。
 
 
これらすべての行動は、
ぬるま湯から抜け出し
自分磨きをすることが目的です。
 
 
そして「自分磨き」の
先にあるものがなにかというと、
「究極の成功」です。
 
「究極の成功」は、
周りの人を幸せにすることです。
 
そのために行動しながら
自分を磨いている次第です。
 
 
いろいろ躊躇して動けない人がいます。
 
しかし、躊躇してる時間が
本当にもったいないです。
 
自分のことだけではなく、
家族や他人の幸せに視点を移すと
考え方も変わります。
 
新しい使命や志も生まれるでしょう。
 
 
行動を始めれば、
人生はすぐに変わります。
 
これからも僕は
人生が変わるきっかけを
提供していきたいと思ってます!
  
☆新しく始める塾の無料説明会を東京で開催します。
micropreneur.jp/25168/


 
〜終わりなき探求の旅は続く~

 

By | 2017-04-23T15:35:09+00:00 2017年 4月 23日|Categories: マイクロプレナー成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事