You are here:-他人に何かをするときに失敗しない2つのこと

【他人に何かをするときに失敗しない2つのこと】

 
他人に対する思いやりが
度が過ぎる場合、
感謝されるどころか
反感を買う場合があります。
 
他人に大きな身銭を切って
何かをしたとしても、
感謝の言葉ひとつ
ない場合もあります。
 
 
逆に、特に大したことではない行為を
たった1回しただけで、
一生感謝される場合があります。
 
心遣いとも思ってないほど
普段やってる行為をしただけで、
深く心から感謝される場合があります。
 
 
他人が感じる気持ちは、
自分が思ってることと
決して同じではありません。
 
 
また、「場合」と書きましたが、
「場合」とはその時の事情や状況です。
 
つまり他人の気持ちは、
その時の事情や状況でも変わるのです。
 
 
そう考えていくと、
とても人間は複雑ですよね。
 
 
しかし、複雑と捉えたままですと、
永遠に人間関係の悩みに
頭を抱えることになります。
 
複雑ではなく、
シンプルにとらえれば
人間関係は楽になります。
 
 
シンプルにとらえるには
2つ方法があります。
 
 
まず1つは、
「自分が思ってることと
他人が思ってることは違うことを理解する」
です。
 
 
例えば、誕生日プレゼントに
感動のストーリーを付けたり、
サプライズで喜んでもらおうと
したとします。
 
自分が思ったのと全く同じように
相手にその感動が伝わり
喜んでくれると思いますか?
 
 
以前、記事で読んで驚いたのですが
それよりも実用的なものや
本人が欲しいと思っているものを
もらったほうが嬉しいと思う人が
結構な割合でいたのです。
 
感動してもらおうというのは、
単なる自己満足になる確率が高いようです。
 
だから、他人に何かしてあげるときは
他人の気持ちを考えることが大切です。
 
 
 
もう1つは、
「感謝や見返りを期待しない」ことです。
 
冒頭で書いたように
他人になにかしたとしても、
相手や場合などで反感や恨みを
買ってしまうことすらあるわけです。
 
もしそうなった場合は、
相手がそのことを忘れるまで
自分も忘れましょう。
 
時間が解決します。
 
 
人間関係の悩みは、
自分がいつまでも他人のことを
考えているケースがあります。
 
相手は自分が思うほど
自分のことを考えていません。
 
そういうときは、
忘れるくらいが丁度いいのです。
 
 
以上、他人のために何かをするときは
 
●自分が思ってることと
他人が思ってることは違うことを理解する
 
●感謝や見返りを期待しない
 
の2つを意識されることをおすすめします。
 
 
〜終わりなき探求の旅は続く~

 

By | 2017-03-18T22:26:06+00:00 2017年 3月 18日|Categories: マイクロプレナー成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…

人気の記事