You are here:-成功神社「鹿島神宮」を参拝してきました。成功する人が通う神社のランキング本でナンバーワン

【成功神社「鹿島神宮」を参拝してきました。成功する人が通う神社のランキング本でナンバーワン】

 
成功する人が通う神社の
ランキング本を買ったところ、
茨城県の鹿島神宮がナンバーワンでした。

 
昨年の鹿島アントラーズの大活躍もあり
鹿島神宮のことは
ちらほらウェブで見ていたので、
これは呼ばれているな〜と勝手に思い込み
早速初めての鹿島神宮参拝をしてきました。
 
 
源頼朝や徳川家康などが
鹿島神宮を崇拝し、
徳川家康は天下統一の偉業を
成し遂げたことから
武運長久を祈る人々の
崇敬を集めるようになったそうです。
 
出世開運や仕事運アップ、
新しく物事を始める時
成し遂げたい事がある時の
勇気や行動力を与えてくれるなどの
ご利益があるそうです。
 
こう聞いただけでも行きたくなりませんか?
僕は行きたくなって行きました、単純笑
 
 
鹿島神宮全体の敷地は
東京ドーム15個分。
広すぎて走りたい気分でした。
 
というのも手前に本殿があり、
そこから奥参道が
約300メートルもあるのです。
 

どこまでも
神聖な空気が漂っていて
息をしてるだけで
心が澄んでいく感覚でした。
 
ここで浄化されない人がいるのか?と
思える環境です。
 
 
御手洗池の水は透き通ってました。
湧き水で手を洗って清めました。


 
あと地中深くまで伸びていると言われる
「要石」が不思議です。
 
地震を起こす大ナマズの頭を
押さえていると言われています。
(香取神宮の要石は尾を押さえていて、
2つの要石は地中で繋がっているらしい)
 
また、「要石」は大地の最も深い部分の
金輪際(仏教的宇宙観)から
生えている柱であり、
「要石」で日本が繋ぎ止められているという
話もあるみたいです。
 
この要石が祀られているところに
不思議なパワーを感じました。


 
本で勧められていた
「心身健全御守」と「鹿島立守」、
そして「要石守」と定番の御札を頂きました。
 
 
僕はここ数年特に
神社参りによく行くようになりました。
 
古来より日本では
自然万物に神様が宿ると考える
自然崇拝という独自の宗教観がありました。
 
いわゆる神道ですが、
日本人として大切にすべきものであり
大人がきちんと伝え続けていくものだと
感じてます。
 
ご利益をもらえるからとか
パワースポットだからとか
表面的なものも悪くはありませんが、
もっと日本人の心として
大切な何かを伝えていく責任が
大人にはあると感じてます。
  
 
.
 
 
東京から鹿島神宮へは、
東京駅から高速バスが出ていて
2時間で到着します。
 
八重洲南口のバス停
1番から出てます。


 
高速バスは
あまり揺れることもなく
なかなか快適でした。
(トイレ付きです)
 

 
僕の自宅からだと
往復計5時間30分ぐらいで、
鹿島神宮には
1時間ちょっといました。
 
トータル約7時間、
ひとり参拝ツアーでした。
 
 
〜終わりなき探求の旅は続く~

 

By | 2017-02-02T23:54:19+00:00 2017年 2月 2日|Categories: 茨城, 神宮・神社|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!
AppleWatchが都内ランニングのモチベーションになりました!東京タワーとクリスマスツリー!(動画あり)
成功のプロセスを楽しもう!!ライフチェンジラボ東京定例会を開催しました!

人気の記事