You are here:-心揺さぶられる名画の数々でした@デトロイト美術館展 上野の森美術館
  • View Larger Image

【心揺さぶられる名画の数々でした@デトロイト美術館展 上野の森美術館】

 
「デトロイト美術館展」を
上野の森美術館で鑑賞してきました。
 
ピカソやゴッホ、モネ、ルノワール
ドガ、ゴーギャン、セザンヌ、
マティス、モディリアーニなどの
ヨーロッパ近代絵画の巨匠たちの
名画の数々が展示してありました。
 
中でもゴッホの自画像が
一番多くの人の注目を集めてました。
 
日本初上陸のゴッホの作品もありました。
 
 
巨匠たちの作品を鑑賞するのは
人生で初めての体験でした。
 
特に興味を持った作品には
「どうしてこんな色使いをしてんだろう?」
「なぜこんなにタッチが激しんだろう?
 迫力を感じるんだろう?」
「僕がいま立っているこの絵の前に
 ピカソやゴッホが立って
 絵を描いてたんだよな。
 書き終えたときって
 どんな気持ちだったのかな?」
など鑑賞しながら色々思ってました。
 
絵画の背景にある
画家の思いや人生を
想像しながら鑑賞すると楽しくて、
濃密な時間を過ごすことができました。
 
 
時代を超えて作品が残る芸術は、
本当に素晴らしいですね。
 
長女が今春からの高校でも
美術を専攻していくので、
長女にこそ観せてあげたいなと
思いました。
 
こういう機会は
宮崎などの地方には
なかなかないですよね、、
 
 
デトロイト美術館展では
グッズも販売していました。
 
印象的だった
晩年のピカソの『座る女性』や
スーティン『赤いグラジオラス』の
ポストカード、
モネ『グラジオラス』のブックマーカー、
美術部の長女のプレゼントに
デトロイト美術館展の作品を紹介した限定の
『デトロイト美術館展 オリジナル図録』
を買いました。
 
 
デトロイト美術館は、
6万5千の作品を所蔵している
アメリカのデトロイトにある美術館です。
 
その中から52点の名画が
デトロイト美術館展で展示してあります。
 
上野の森美術館
『デトロイト美術館展』は
1月21日で終了です。
 
気付いたのが終了間近だったので、
すぐ観に行った次第です笑
  
 
〜終わりなき探求の旅は続く~

IMG_3756

IMG_3755

IMG_3781

 

By | 2017-01-20T16:42:20+00:00 2017年 1月 20日|Categories: 健康&趣味, 東京|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事