You are here:-消えるSNSメッセージの「Snapchat」など、7割がスクショで保存していると回答
  • View Larger Image

【消えるSNSメッセージの「Snapchat」など、7割がスクショで保存していると回答】

時間が経つとメッセージが消えるサービスが
特に若者の間で流行ってきてます。

SNS疲れの影響でしょうか。

メッセージが消えるSNSサービスには、
日本でブームになりつつある「Snapchat」をはじめ
「Wickr」「Beetalk」「TonTon」などがあります。

消えるSNSの興味深いデータ

その消えるSNSの興味深いデータをジャストシステムが発表しました。

消えるSNSの調査は、スマートフォンを所有する
10代~20代の男女1000人を対象に行われました。

それによると、消える系SNSの利用者は全体の約1割ということが分かりました。
これはまだ増えそうですね。

そのうちの67%がSnapchatを利用ということで、
Snapchatブームが見えてきますね。

また、他のSNSと比べて約半数が
消えるSNSは「疲れない」と答えてます。

そして7割がスクショで保存しているそうです。
やはり残したいニーズはあるんですよね。

でも、疲れないというのは大きなポイントですね。

そして消えるSNS利用後に
4人に1人が他のSNS利用が「かなり減った」
と回答しました。

これはなかなか衝撃的な内容です。

時間の奪い合いですから、
他のSNS離れが若者の世代から加速する可能性があるわけです。

セミナーでもお伝えしてますが、
他社サービスはあくまでも他社サービス。

ビジネスを他社サービスを使って行っている人は
自分のメディアであるオリジナルブログやメルマガを
しっかりと構築されることをおすすめします。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2016-03-20T15:25:24+00:00 2016年 3月 20日|Categories: アプリ|Tags: |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?

人気の記事