You are here:-iPhone「1970年1月1日」の操作不能のバグ問題、アップデートで対応とAppleが発表!

iPhone「1970年1月1日」の操作不能のバグ問題、アップデートで対応とAppleが発表!

iPhoneの日付を「1970年1月1日13時00分」に設定して再起動すると
iPhoneが使用できなくなるバグ問題について
Appleが近日中にソフトウェアアップデートで対応すると発表しました。

HGFDSA

このバグは、64bitプロセッサーを内蔵し、
iOS8またはiOS9を搭載するiPhone・iPad・iPod Touchに起こるようです。

バグが起こってしまった場合、、、

ネット上で、「iPhoneが高速化される」や「通信制限が解除される」のデマに
騙されて設定した人もいるようですね、、、

絶対に行わないように注意が必要です。

なお、このバグを発生させてしまった場合は、
Apple StoreのGenius Bar(ジーニアスバー)で修理する必要があるようです。

またバッテリーを完全に消耗することで日付がリセットされ
復旧できるという説もあります。

下記は「1970年1月1日」に設定して、操作不能になった様子の動画です。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2016-02-17T22:18:44+00:00 2016年 2月 17日|Categories: ガジェット|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事