| 

【凄い】メッセンジャーアプリ「WhatsApp」月間アクティブユーザー数が10億人を突破!世界の流れはますますモバイルへ!

世界ナンバーワンのメッセンジャーアプリと言われる「WhatsApp」の
月間アクティブユーザー数が10億人を突破しました。

WhatsAppの最高経営責任者(CEO)の
Jan Koum氏が2016年2月1日にFacebookで発表しました。

 
この図を見ると、1日にやりとりされるメッセージは420億件、
写真は16億件、動画は2億5000万件、
対応言語は53言語
とすごい数字だらけです。

WhatsAppとLINEの違いは?

日本でメッセンジャーアプリというと、LINEが人気ですね。

では、WhatsAppとLINEの違いはなんでしょう。
 
 
実はLINEは無料ですが、WhatsAppの場合は費用が発生します。

WhatsAppは最初の1年間は無料ですが、
2年目からは年間99セント(約115円)かかるのです。

いや、かかってました。
今後は年額課金を廃止すると今年に入って発表したからです。
 
 
年額利用料がかかっても、ここまで世界で広がりを見せたのは、
欧米ではSMS(ショートメッセージサービス)の利用が盛んだという理由があります。

SMSはメッセージを送信する度に費用が発生します。

しかし、WhatsAppはは年額利用料以外は
何度送っても費用がかかりません。

これがWhatsAppが爆発的に世界でヒットした大きな理由です。
 
 
日本ではすでにLINEが揺るぎない人気なので
わざわざ年額利用料がかかるWhatsAppが流行るとは考えにくいですね。

どちらにせよ、もう世界中でメッセージのやりとりは
メッセンジャーアプリの流れということですね。

Facebookが絶好調なのは、モバイル広告が牽引役

ちなみに「WhatsApp」は2014年にFacebookに買収され
現在Facebookの傘下にあります。

Instagramもそうですね。
 
 
Facebookは1月に絶好調な四半期決算を発表しました。
業績が絶好調なのは、モバイル広告によるものです。

スマホの販売台数の伸びは鈍化してますが、
これは消費者のモバイルへの流れが一段落した形と言えます。

ネットでビジネスをする人は、モバイル戦略は必須ですね。
 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2017-09-14T22:45:03+00:00 2016年 2月 3日|Categories: facebook, アプリ|Tags: , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

宮崎⇔東京デュアルライフ丸2年になりました!自分だけの幸せの追求はもうしてません

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/06/11 – 2018/06/17】

ドローンおすすめ入門機!DJI トイドローン「Tello(テロー)」買いました!河川敷や部屋で飛ばし…

Twitterやってますか?情弱で思考が固く古いままにならないように!

個の時代を突き抜けよう!少人数制塾LCMSの2daysを開催しました!@東京

幸せな時代ですねー@次女と嫁が福岡から


人気の記事ランキング