iPhoneが1メートル離れても充電可能!?無線充電機能がつくのは2017年か?

AppleがiPhoneやiPad向けにワイヤレスの充電機能を開発していると
ブルームバーグが報じました。

今のiPhoneはご存知のとおり
ワイヤレス充電には対応していません。

Appleウォッチは、ワイヤレス充電できますね。

市販品も出てました。

Appleウォッチや、他のスマホに採用されている
ワイヤレス充電の方式は電磁誘導式です。

電磁誘導式とはどういうものかというと、
充電する際に充電マットに接触させて充電する方式です。

 
 
そして、今Appleが開発している技術は
新たな充電方式で充電マットに接触させる必要がない技術のようです。

なんと1メートル程度離れていても充電できるらしいのです。

以前書きましたが、
AppleはiPhone7ではイヤフォンジャックを廃止するという噂ですよね。

ワイヤレス充電ができるようになれば、
充電ケーブルが必要なくなります。

そうすると、物理的接続が一切なくなりますね〜

次々とシンプルにしてきたAppleだから
今回の新しいワイヤレス充電技術は現実化されそうです。

iPhone6や6s(plus)もワイヤレス充電可能です

ちなみに、iPhone6や6s(plus)でも
無線充電パッドを内蔵しているケースをつければ
ワイヤレス充電が可能なことをご存知でしょうか?

参考までに紹介しますね。

まずは下記のような「無線充電パッド」が内臓されているケースが必要です。
無線充電パッド単体もありますが、ケースつきが間違いないでしょう。

あとは、ワイヤレス充電をする際に
下記のような「Qi」規格の
ワイヤレスチャージャーを揃えればOKです。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

  

コメントを書く

By | 2017-12-05T13:25:35+00:00 2016年 1月 31日|Categories: ガジェット・文具|Tags: , , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…
塾生さんのブログ(WordPress)がとても好調です!
「短気」と「気長」を使いわけるビリオネア・マインドの時間の使い方『10億ドルを自力で稼いだ人…
海が気持ちいい!宮崎個別相談コンサルを開催してます!  
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2018/02/12 – 2018/02/18】

人気の記事ランキング

関連記事