【パートで月25万円?】安倍首相「妻がパートで月収25万円」の例え話の発言に波紋。庶民感覚を問われる。

安倍首相が1月8日の衆院予算委員会で、
例え話でパートで働き始めた妻の月収を「25万円」と発言したに対して
「庶民の生活」「庶民感覚」「貧困の実態」などに理解がなさすぎる、
など批判する声が相次いでます。

ちなみに、パート労働者の平均月収は、
2015年11月は8万4000円です。
(厚労省の毎月勤労統計調査)

年収にすると100万8000円になりますが、
ご存知の通り、配偶者控除が受けられるのが103万円以下です。

そのため、働く時間をおさえて
103万円以下に調整している人が大半でしょう。

月25万円の場合は、年収にすると300万円ですね。

そういう中、確かにパートで月25万円の例えは
いくら例えであってもあまりにも超越していると言えるでしょう。

実際に25万円をパートで稼ごうとした場合は?

また、実際に25万円をパートで稼ごうとすると
時給900円だと277時間、時給700円だと358時間です。

休みなしで毎日働いたとして、
時給900円だと1日約9時間労働、
時給700円だと1日約12時間労働です。

これはさすがに無理ですね、、、

例え話であっても、非現実的なパートの話には
批判が殺到しても致し方ないですね。

問題の発言は、民主党の山井和則議員の指摘への答弁で起こります。
27分過ぎです。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

↓関からのお知らせ

★関達也の個人コンサルティング

★関達也の無料メールマガジン
15年読み継がれている
『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
デュアラー™(宮崎⇔東京デュアルライフ)/起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

関達也の週間つぶやきまとめ【2020/11/23 – 2020/11/29】

そして宮崎の家がなくなった

101日間のキャンピングカーの旅が終了〜!

関達也の週間つぶやきまとめ【2020/11/16 – 2020/11/22】

関達也の週間つぶやきまとめ【2020/11/09 – 2020/11/15】

関達也の週間つぶやきまとめ【2020/11/02 – 2020/11/08】