【陰口を言われずに、人間関係をうまく保つ方法】

 
その人のいないところで悪口を言うことを
「陰口を言う」「陰口をたたく」と言います。
 
陰口を言う人は、それが趣味や習慣に
なっていることが多いです。

 
 
ということは、
もし、あなたの前で陰口を言う人がいたら、
その人はあなたのいないところで
あなたの陰口を言っている可能性が高いと
考えられます。

 
 
誰でも陰口をたたかれるのは嫌ですよね。
 
だから、人間関係を保つために、
自分は陰口を言わなくても
陰口を一緒に聞いてしまう
という人は多いでしょう。
 

陰口を言う人とは、付き合わないのがベスト

 
しかし、陰口は負のエネルギーを出します。
 
非常に波動が悪いので、
聞いていたら気分が悪くなりますよね。

 
もし一緒になって陰口を言えば、
なおさら気分が悪くなるものです。
 
 
陰口を言う人とは
付き合わないのがベストです。

 
しかし、いろんなしがらみで
付き合っていかないとならない場合もあるでしょう。

 
 
特に陰口は、女性の間で多いです。
 
女性は嫉妬深い人や表裏のある人が
男よりも多いこともあり、
男同士よりも女同士の人間関係の方が
複雑と言われますよね。

 

陰口を言われずに、人間関係をうまく保つ方法

 
では「陰口を言われたくないし、人間関係は保ちたい」
そんなときはどうすればいいのでしょうか?
 
 
まず、そういう人とは
深い人間関係にならないように
適度に接するようにします。

 
会話をしなくてもいい程度です。
もちろん、一緒に陰口は言わないようにします。
 
これだけで、被害にはかなりあわなくなります。
 
 
陰口を言う人は心が傷ついている人なので、
癒やされて欲しいのです。

 
癒やすまではしなくても
「それは大変だったね、、、」
という感じで接することが無難ですね。
 
 
なお、万が一、
自分が陰口を言われても気にしないことです。

 
陰口を言うことは、その人が信頼を失うことです。
人相も悪くなっていきますし、運気も下がります。
 
陰口をいっている人が、心が傷ついている人で
自分は傷ついてません。
 
 
陰口を言って傷を癒やそうとしているだけなので、
自分が気にしなければ被害はまったくない、というわけです。

 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

↓関からのお知らせ〜

★収入・仕事保証!
Webライター起業塾「12月説明選考会」参加者募集!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読み継がれている
読者6万人『関達也メルマガ』の登録はこちらから

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

今年の東京 個人コンサル、あとわずかです

長女と東京で会いました!

先が見えない時代、あなたは何を選ぶ?フリーランス、パラレルワーカーの時代が来てます@ランサー…

バリ島在住の事業家さんが、僕の個人コンサルを依頼した理由にビックリ!

深夜のマックで午前3時に締め出されました@マクドナルド 六本木ヒルズ店

13年以上お世話になっている「まぐまぐ!」本社で、打ち合わせしてきました!@西五反田