You are here:-陰口を言われずに、人間関係をうまく保つ方法

【陰口を言われずに、人間関係をうまく保つ方法】

 
その人のいないところで悪口を言うことを
「陰口を言う」「陰口をたたく」と言います。
 
陰口を言う人は、それが趣味や習慣に
なっていることが多いです。

 
 
ということは、
もし、あなたの前で陰口を言う人がいたら、
その人はあなたのいないところで
あなたの陰口を言っている可能性が高いと
考えられます。

 
 
誰でも陰口をたたかれるのは嫌ですよね。
 
だから、人間関係を保つために、
自分は陰口を言わなくても
陰口を一緒に聞いてしまう
という人は多いでしょう。
 

陰口を言う人とは、付き合わないのがベスト

 
しかし、陰口は負のエネルギーを出します。
 
非常に波動が悪いので、
聞いていたら気分が悪くなりますよね。

 
もし一緒になって陰口を言えば、
なおさら気分が悪くなるものです。
 
 
陰口を言う人とは
付き合わないのがベストです。

 
しかし、いろんなしがらみで
付き合っていかないとならない場合もあるでしょう。

 
 
特に陰口は、女性の間で多いです。
 
女性は嫉妬深い人や表裏のある人が
男よりも多いこともあり、
男同士よりも女同士の人間関係の方が
複雑と言われますよね。

 

陰口を言われずに、人間関係をうまく保つ方法

 
では「陰口を言われたくないし、人間関係は保ちたい」
そんなときはどうすればいいのでしょうか?
 
 
まず、そういう人とは
深い人間関係にならないように
適度に接するようにします。

 
会話をしなくてもいい程度です。
もちろん、一緒に陰口は言わないようにします。
 
これだけで、被害にはかなりあわなくなります。
 
 
陰口を言う人は心が傷ついている人なので、
癒やされて欲しいのです。

 
癒やすまではしなくても
「それは大変だったね、、、」
という感じで接することが無難ですね。
 
 
なお、万が一、
自分が陰口を言われても気にしないことです。

 
陰口を言うことは、その人が信頼を失うことです。
人相も悪くなっていきますし、運気も下がります。
 
陰口をいっている人が、心が傷ついている人で
自分は傷ついてません。
 
 
陰口を言って傷を癒やそうとしているだけなので、
自分が気にしなければ被害はまったくない、というわけです。

 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事