| 

あのときやってれば良かった、と悔やむことは無意味

人はときに過去を振り返り
「あのときあれをやってれば、
今の生活が大きく変わっていた」
と思うことがあります。
 
それを思えば思うほど
悔しくなって
後悔として残ります。

やらなかったことを過大評価しているに過ぎない

ところが、
そういうもののほとんどは
やらなかったことを
過大評価しているのです。
 
やらなかった後悔から、
そう思い込んでしまうのです。
 
 
また、やらなかったことが
本当にそんなに大きなこと
だったのでしょうか?
 
ことの大小なんて、
決めようがないものです。
 
これも思い込みでしかないのです。

過去は幻想です

過去とは、
自分の都合が良いように創る
幻想でもあります。
 
 
いくら悔やんでも、
過去は過去。
 
過去をいくら悔やんでも
まったく意味がないものです。
 
 
今この瞬間と、
これから起こる未来にワクワクして
生きていこう。

〜本当の幸せ、自分らしい生き方の探求~


関連記事


  


コメントを書く

By | 2017-09-01T20:15:18+00:00 2016年 12月 24日|Categories: マイクロプレナー成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
モリサワのWebフォント「TypeSquare」を見出しに入れてみました!by エックスサーバー
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…

人気の記事ランキング