You are here:-セミナー講師で成功する方法

セミナー講師で成功する方法

2012年からセミナーを始めました。
最初は、地元宮崎、そして鹿児島、福岡と開催しました。

その後、全国各地でセミナーを開催するようになって、
セミナーが事業の軸にまでなりました。

セミナー講師を始めたことによって、
たくさんの学びがありました。

そこで今回は、
セミナー講師で成功する方法をお話しします。

視点を変えることでセミナーに対する考え方が変わります

僕がセミナー開催を考え始めた頃は
「何を伝えればいいのか?」
「何を教えればいいのか?」
と、セミナーで教える内容ばかりに
気を取られてました。

その後、セミナー講師の方々の数々の書籍から
「セミナー講師とは何なのか?」
「何をすべきなのか?」
など基本的なことを勉強しました。

学んでいくうちに、
大きな気付きが2つありました。

1つは、
セミナーの主役は講師ではなく「受講者」
ということ。

そしてもう1つは、
セミナーは教える場ではなく「学ぶ場」
ということでした。

上記の視点で考えれば、
「何を伝えればいいのか?」

「何が伝わればいいのか?」
と変わります。

また、
「何を教えればいいのか?」

「どうやって学びを支援すればいいのか?」
と変わるのです。

このように視点を変えることで
セミナー開催に対する考え方が変わり、
セミナーのコンセプトや話す内容も
変わってくることがわかりました。

「メラビアンの法則」をセミナー講師のスキルに取り入れよう

また、セミナー講師は話す内容だけではなく、
声、表情、外見、ボディランゲージなども
非常に大事なことがわかりました。

これはコミュニケーションスキルなので
一見セミナー講師とは関係なさそうですが、
実は大きく関係します。

ご存知の方も多いと思いますが、
他人に影響を及ぼす行動についての
「メラビアンの法則」
というものがあります。

「7-38-55のルール」とも言われる法則で、
他人への影響の割合が
・言語情報 7%
・聴覚情報 38%
・視覚情報 55%
と言われています。

つまり、
「言葉」よりも「声のトーンや大きさやテンポ」
の方が影響を与えるのです。

そして、
「声のトーンや大きさやテンポ」よりも
「表情や外見やボディランゲージ」
の方が与えるのです。

2012年からコミュニケーションを学んできてましたが、
実際にセミナー講師でも役立ちました。

コミュニケーションのスキルアップを意識されてない方は
ぜひコミュニケーションスキルも
磨かれることをおすすめします。

セミナー講師で成功するには8割が準備と練習

以上のことから、
レジュメを丁寧に作り上げただけで
セミナーがうまくいくわけではない
と気付かれると思います。

「本番で何とかなるさ!」
という話しでもありません。

やはり、セミナー講師で成功するには
8割が準備と練習になります。

セミナー講師で成功したい方におすすめの1冊。
大谷先生からは直接ご指導いただき、
的を射たご指導が素晴らしかったです。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事