You are here:-脳のパフォーマンス(思考力や集中力)が劇的に回復する「パワーナップ」

脳のパフォーマンス(思考力や集中力)が劇的に回復する「パワーナップ」

パワーナップとは、15〜20分ほどのごく短い仮眠

昼寝やシエスタや仮眠という言葉は知ってても、
「パワーナップ」という言葉は
聞いたことがないという人もまだ多いかもしれません。

パワーナップとは、15〜20分ほどのごく短い仮眠のことです。
※60歳以上の方は、30分までが良いとされてます。

コーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースが名付け親です。

 
仕事をバリバリやりたいときは、
思考力や集中力が必要です。

しかし1日中、思考力や集中力があるかというと
そうではありませんよね?

そういうときに、パワーナップを取り入れることによって
思考力や集中力が劇的に回復するのです。

 
すでにパワーナップの有効性は広く認められていて、
NASAやグーグル、アップル、マイクロソフト、ナイキなどは
パワーナップのための設備や部屋があります。

NASAが宇宙飛行士に行った実験では、
昼に平均26分間の仮眠をとったところ
認知能力が34%、注意力が54%もアップしたそうです。

パワーナップは夜の3時間の睡眠に匹敵。その秘密は「ウルトラディアンリズム」にあった

15〜20分ほどのパワーナップは、
夜の3時間の睡眠に匹敵します。

それによって回復した思考力や集中力が、
なんと150分(2時間半)も持続するのです。

 
なぜそんなことが起こるのかというと、
「ウルトラディアンリズム」という
人の眠りのベースとなっているリズムに秘密があります。

人の睡眠のリズムは、
90分の深い眠りと20分の浅い眠り
を繰り返すようになっています。

 
パワーナップをすることによって、
20分の浅い眠りをしたと脳が錯覚し
思考力や集中力が劇的に回復するというわけです。

パワーナップを行うときの3つのコツ

パワーナップを行うときのコツが3つあります。

1.カフェインを摂ってから寝る

カフェインが効果を発揮し始めるのは
飲んでから20〜30分後です。

ちょうど脳が休んだ後に覚醒作用で刺激を与え
思考力や集中力、認知能力がぐっとアップします。

2.暗い部屋で横になって寝る

睡眠をとるときのように
暗い部屋で横になることをおすすめします。

ただ、椅子に座って机の上に腕を枕代わりにしても
同様の効果が得られると言われています。

3.20分以上寝てしまったときは、90分寝る

もし20分以上寝てしまった場合は
レム睡眠のサイクルである90分間寝てください。

そうすれば、スッキリと起きることができます。

 
ちなみにメンタリストDaiGoさんも、
以下のようにパワーナップを取り入れています。

午後の眠くなってくる時間の前にヨーグルトを食べ、コーヒーを飲み、10分ほどのパワーナップをし、再び仕事に戻るというサイクルを取り入れてます。

『自分を操る超集中力』より

早速パワーナップを生活に取り入れて、
生産性を高めていきましょう!

 

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事