You are here:-何かを新しく始めて継続するテクニックと崇高な方法
  • View Larger Image

何かを新しく始めて継続するテクニックと崇高な方法

 

何かを実らせるには、継続が大事

新しい年を迎えると特に、
ビジネスや読書、習い事、
恋愛、趣味など、
何かを新しく始めようと
決意される方は多いと思います。
 
しかし、始めても続かない
という経験をお持ちの方も
多いようです。
 
 
新しく始めても
すぐにやめるの繰り返しでは、
何も実りません。
 
人生は長いようで
あっという間です。
 
何かを実らせるには、
継続が大事だということは
過去の偉人たちが
教えてくれてます。
 
 
ではどうすれば、
始めたことを続けることが
できるのでしょうか?
 

好きなことでも面倒なことやつまらないことは必ずある

 
もちろん、
好きなことであれば、
嫌いなことよりも
続けられる確率が高いです。
 
 
しかし、好きなことでも
面倒なことやつまらないことは
必ずあるものです。
 
好きになった人ができても、
次第に嫌いな面が見えたり
意見が合わずに喧嘩することも
当然ありますよね。
 

感情を捨て少し行動しよう

 
始めよう、続けようと
決めたのであれば、
面倒とか嫌いとかいう感情が
湧き起こってきたら
その感情は無視することです。
 
そして数秒でもいいので、
まずは始めてみるのです。
 
「感情を捨て、少し行動する」
 
 
例えば読書だったら、
最初の数行を読むなどです。
 
そうすると、
「もう少し読もうかな」と
気持ちがついてきて
結果的に多めに読んだり、
習慣化に繋がったりするのです。
 
 
恋愛など対人については、
「いつもありがとう」
など感謝や愛情表現の気持ちを
何らかの行動で示すといいです。

 
なお、この
「感情を捨て、少し行動する」は
テクニック論です。
 
テクニックは使えますが、
人生の質を高める
崇高な方法もお伝えします。
 

やるべきことを好きになるのは難しい

 
続けるための秘訣として、
「やるべきことを好きになろう」
ということも言われています。
 
簡単なフレーズなので
一見簡単な方法に思えます。
 
しかし、凡人には難しいです。
 
 
それは、
面倒なことや嫌いなことを
好きになるという努力が
先に必要だからです。
 
そのため、
それを好きになる前に
やめてしまう可能性があります。
 

愛をもってやることに向かい合おう

 
だから「好きになる」ではなく、
「愛をもってやる」ことです。
 
これはまったく別の次元です。
 
 
「愛をもってやることに向かい合う」
ということは、
何でも受け入れるということです。
 
面倒なことでも
嫌いということでも、
愛があれば何でもできます。
 
これを目指していきたいですね。

 

By | 2017-01-13T01:23:28+00:00 2017年 1月 13日|Categories: 成功体質になる方法|Tags: , , , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事