成長の手助けになる読書法。多くのことに気付き、器が広がります。

著者と自分はバックボーンや価値観が違う

本に触れることは
他人の人生に触れることでもあります。
 
人それぞれ違うように
本の著者も人それぞれです。
 
自分とはバックボーンも違うし
価値観も違います。

無意識に都合のいいところだけを探す目

他人と自分は違うので、
本を読む時に
自分の価値観や固定観念に縛られていると、
吸収率は必然的に低くなります。
 
自分にとって、
都合のいいところだけを
無意識に探す目になっています。

 
するとどうなるのかというと
例えば
本に書いてある中の、
自分が納得した一部だけを
真似しようとします。
 
また、
上っ面しか分かってないのに、
著者が伝えたかったすべてを
理解したように錯覚します。

著者に問いかけながら噛み砕こう

本を読むときには、
「なぜ、そう考えるのか?」
「なぜ、そうなるのか?」
など著者に問いかけながら
噛み砕こう。
 
そうすることで
多くのことに気付き、
腑に落ち、器が広がります。
 
成長の手助けになる読書法でした。

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2017-01-19T19:53:26+00:00 2017年 1月 19日|Categories: 成功体質になる方法|Tags: , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング