You are here:-完璧さは目指さずに見切り発車で。力まずに7割の力で進もう
  • View Larger Image

完璧さは目指さずに見切り発車で。力まずに7割の力で進もう

 

偉人たちは見切り発車な人ばかり

何かをスタートさせたり
完成させるうえで、
完璧を目指す必要はありません。
 
事実、偉人たちは
最初は見切り発車な人ばかりです。
 

日本人は真面目ではなく、人目を気にしすぎ

 
世界的にも日本人は、
真面目な気質で知られます。
 
しかし、真面目だから
完璧を目指しているのでしょうか?
  
実際は、
「こんな状態でスタートして
 人から何か言われないだろうか?」
「完璧じゃないものを世に出すことが
 恥ずかしい」
などと、人目を気にする人が多いのです。
 

商品やサービス、アイデアなど
完璧を求めすぎてスタートが遅れたり
世に出すことができないでは、
非常にもったいないです。
 
人目を気にせずに
自分がやりたいことを
まずは小さな一歩から始めてみましょう。
 

7割くらいの力が丁度いい

 
また、物事に真面目過ぎる人は
力を少し抜くといいです。
 
力んだ気持ちや態度で望むと、
必死さで辛くなります。
 
相手がいる場合は、
ギスギス感が伝わりますので
相手も辛くなります。

少し抜けた感や
リラックス感があると
余裕が出ます。
 
7割くらいの力が丁度いいです。

 

By | 2017-01-25T01:58:29+00:00 2017年 1月 25日|Categories: 成功体質になる方法|Tags: , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓
内なる自分にどんな言葉を発していますか?
長時間労働は好きですか?嫌いですか?

人気の記事