You are here:-月に3万円も稼げないのは、ビジネスセンスがないからではありません

月に3万円も稼げないのは、ビジネスセンスがないからではありません

不安や危機感を感じる人やアクションを起こしている人が増えた今

書店に行くと、
「今の常識は通用しなくなる」
「これからの働き方が変わる」
などの内容の本が目立ちます。
 
これらは、
バブル崩壊後の1990年の中頃には
すでに言われていた言葉です。
 
僕が、人に雇われず
自分らしい生き方をするために
起業の道を選んだ時期が、
ちょうどその頃1994年(24歳時)でした。

 
当時は少子高齢化や年金の問題も叫ばれず、
年功序列や定年まで働けることを
信じている人ばかりでした。
 
しかし、今はもう
「今の常識は通用しなくなる」
「これからの働き方が変わる」
ということを信じる人が増えました。
 
あなたの周りにも、
次は我が身だと不安や危機感を感じている人や
将来を考えアクションを起こしている人が、
以前よりも増えていると思います。

リスクをやけに怖がっている日本人

アクションを起こすといえば、
独立や副業などの「起業」があります。
 
今の日本人は、
リスクをやけに怖がっているようです。
 
それは以下の起業に対する
ネガティブな捉え方から分かります。

起業家精神に関する調査(GEM)から分かる日本人の起業の意識の低さ

2014年に起業家精神に関する調査(GEM)が
行われました。
 
日本人の18~64歳のうち、
起業しているのはわずか3.8%で
対象24カ国の最下位です。
 
平均は、8%です。
 
「起業をよい職業選択だと考えている」と
答えた割合は31%です。
 
こちらも最下位で、24カ国平均は55%です。
 
どちらも低すぎて驚きます。

起業する人が少ない別の理由とは?

日本は他国と比べると、
起業のリスクが高すぎたり
起業家育成の教育面で遅れているという
話もあります。
 
しかし起業する人が少ないのは、
日本人の気質や風潮、環境の影響を
受けている人がかなりいるはずです。
 
そう感じる理由がいくつかあります。

ほとんどリスクがなくても一歩が踏み出せない

まず、インターネットを活用すれば
店舗や人件費などの固定経費はいらないので
リスクはかなり抑えられます。
 
また、起業について学ぼうをすれば
どこでも学ぶことができます。
 
起業に学歴や年齢は関係ありません。
 
このように誰でもできて
ほとんどリスクがないようなことでも
一歩が踏み出せないという人が多いです。

見てくれや人目を気にする人たち

なぜ一歩が踏み出せないかという理由に、
家族や友人に反対されたとか、
周りに白い目で見られそうなどと
見てくれや人目を気にする人が
意外と多いのです。
 
このような理由から
気質や風潮、環境の影響が
あると思うのです。

ビジネスのセンスがないのではなく、単に何かを怖がってる

また、「成功したい」「稼ぎたい」
と言いながら、月に3万円も
稼げない人がいます。
 
稼げないのはビジネスのセンスがないと
思い込んでいるのかもしれません。
 
しかし、実際は違います。
 
単に何かを怖がってるのが理由です。

日本では起業して頑張れば、儲かる可能性は非常に高い

こうした「日本での起業」を考えると、
持論ですがある結論に達します。
 
それは、日本では起業して頑張れば
儲かる可能性は非常に高いということです。
 
なぜそう思えるかというと、
・起業する人が少ない(前出した統計)
・起業をネガティブな捉えている
・リスクをやけに怖がる
・アクションを起こすのに人目を気にしすぎる
などの理由から、
「手強いライバル」が少ない状況だからです。

 
もちろん起業すれば
誰でも成功するというわけではありません。
 
しかし、きちんと正しく
時間をかけて努力すれば
成果は必ず出ます。

大切なのは、「絶対に諦めない」というマインドセット

リスクを怖がる必要はありません。
 
大きなリスクを抱えなくても
起業はできます。
 
決して、早く結果を出そうというような
結果ばかりにとらわれず、
焦らずに小さく始めて
着実に成果を出していけばいいのです。

 
大切なのは、
「絶対に諦めない」
というマインドセットです。

死ぬことなく生きてこられました

私事ですが、
自分らしい生き方を目指すために
起業家の道を選びましたが、
夢とかカッコいいことなんて
言ってられない時期がありました。
 
家賃6ヶ月滞納し
追い出されそうになったり、
嫁の誕生日ケーキすら買えない
子供を幼稚園に入れられない
ときなどありました。
 
それでも死ぬことなく
生きてこられましたし、
起業したからこそ
味わえる自分らしい生き方を
することができるようになりました。

真の成功とは、何かしら人のために生きることだ

また、あきらめずに成功を目指すことで
真の成功を実感することができました。
 
真の成功とは、
自分のことだけではなく
人のために命を削る
(時間や労力やお金を使う)ことです。
 
真の成功とは、
何かしら人のために生きることだと
経験を通して理解することができました。

何も差し出さなければ何かを得ることはできない「自然の摂理」

リスクを怖がって避けている人が
人生を大きく変えた話を
僕は聞いたことがありません。
 
リスクを怖がって避けていたら、
涙が出るほど感動する人生も
経験できないかもしれません。
 
誰かを世界一幸せにするために
本気で生きることも
できないのかもしれません。
 
何も差し出さなければ
何かを得ることはできない、
これは自然の摂理です。

 
たった一度の人生だから、
人生の最期まで恐れることなく
走り続けたいですね。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…

人気の記事