You are here:-次女の大冒険〜視野を広げること

次女の大冒険〜視野を広げること

今回、次女と東京に二人で来ました。

渋谷や六本木のイルミネーションや
お台場のトリックアート迷宮館などに
連れて行ってあげました。


そして娘は、ひとりで
羽田から飛行機に乗って
宮崎へ帰っていきました。
 
初めての経験をさせました。
 
 
つい最近まで、
ひとりでトイレに行くことも
できなかった娘です。
 
だから「ひとりで飛行機に乗れる?」と尋ねた時、
もちろん半泣きでした。
 
尋ねられた後からずっと不安になって、
ひとりで飛行機に乗ることが
頭から離れなかったと言ってました。
 
 
僕は笑えませんでした。
 
もし僕が同じく8歳でそう尋ねられたら、
同じような気持ちになったはずだからです。
 
いや、10代になっても、大人になっても
初めてひとりで飛行機に乗る時は
不安になるでしょう。
 
 
だからこそ、娘には
ひとりで飛行機に乗ることを
早く経験させたいと思いました。
 
今回の東京が、
娘の用事だったからなおさらです。
 
 
子供の頃からこういう経験をして
視野が広がることをしていれば、
大人になったときに「行動範囲」や
「人生の選択肢」が広がるでしょう。
 
それが自分らしい人生を切り開くための
準備になると考えています。
 
 
大人になってから気付きましたが、
子供の頃に視野が広がる経験を
あまりしていない人は多いですよね。
 
視野が広がる知識も然りです。
 
実際、僕もそうでしたから、
大人になってから
ひどく痛感したのです。
 
子供の頃の教育や環境作りには、
考えるべき要素がたくさんあると思います。
 
 
親の僕ができなかったことを
子がやることで、
子は親を超えていくのです。
 
娘は僕を超える
ポテンシャルがあると感じています。
(もちろん長女と長男も)
 
 
未来を創るのは今の子供たちだし、
素晴らしい未来になるよう
親や大人が真剣に考えることは大切ですね。
 
国や政治に任せる考えでは駄目です。
そもそも僕は頼ってませんが。
 
23年前に起業してからずっと、
「人生はすべて自分次第」のマインドです。
 
それを子供にも少しずつ伝えてます。
(伝わっていたらいいな〜)
 
 
 
無事、娘が宮崎空港に到着したところを
迎えに来た嫁が動画で撮って送ってくれました。
 
その後、ビデオ通話で娘と電話しました。
 
娘は「意外と平気だったよ!」と
まあケロッとしてました。
 
 
ステージでもほとんど緊張しない娘なので
大丈夫だとは思ってましたが、
本当にホッとしました。
 
実は一番緊張していたのは、僕でしたね、、
 
 
パパとしての大仕事をひとつ終えた気分。
夜ぐっすり寝れました〜
 
(娘は寝る前に、
もっとパパと一緒にいたかったーと
大泣きだったそうです、、)
 
 
〜終わりなき探求の旅は続く~


 

 

By | 2017-11-30T01:23:05+00:00 2017年 11月 29日|Categories: 幸せになる方法, 東京|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事